BLOGブログ

10
2014

「ほんとうの癒しとは?」~よしもとばななさんの言葉

今日は、印象に残った言葉をご紹介しますね。

雑誌の対談で、作家のよしもとばななさんが語っていた言葉です。

 

癒しは、一般的にはリラックスすることのように思われています。

それも必要とは思いますが、ほんとうの癒しは、どちらかというと厳しいものだと思います。

自分と向き合って、自分の中のうそやごまかしを徹底的に見て、ほんとうに嫌になって、

そこからでてくるときに癒しが起こると思うのです。」

 

小説を通じて「癒し」を届けている、とも話されている、上記のばななさんの言葉にとても共感しました。

大学時代にばななさんのデビュー作「キッチン」を読んだときは、全身の細胞そのものが震えるような感動を得た覚えがあります。

人間や人生のうわべだけを見ているところだけから出てくる物語や表現ではない、と感じたからかもしれません。

 

「自分と徹底的に深く向き合うことがほんとうの癒しである・・・」

 

常に自分自身が自分の内面と向き合っている作家の中からこそ出てくる、言葉だと思いました。

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索