BLOGブログ

08
2014

『みんなちがって、みんないい』

小学校の宿題には、必ず「音読」があります。

娘(小3)も1年生の時から、毎日の宿題に音読が必ずありました。

今日は、教科書に載っている詩を音読して、暗誦するのが宿題です。

金子みすゞさんの『わたしと小鳥とすずと』という詩です。

一緒に声に出して読んでみたら・・・

じーんと、、、心に響きました。

娘に「いいな、と思ったところはどこ?」と聞いたら、

「みんなちがって、みんないい」

というところ、だそうです。

こちらに転記します↓。暗誦してみてくださいね(笑)。

       

        

        わたしと小鳥とすずと

               金子みすゞ

 

        わたしが両手をひろげても、

        お空はちっともとべないが、

        とべる小鳥はわたしのように、

        地面をはやくは走れない。

 

 

        わたしがからだをゆすっても、

        きれいな音はでないけど、

        あの鳴るすずはわたしのように、

        たくさんなうたは知らないよ。

 

     

        すずと、小鳥と、それからわたし、

        みんなちがって、みんないい。

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索