BLOGブログ

07
2014

『無条件の幸福』②:幸福とは連続体である

昨日のブログの続きです。(参照; 『無条件の幸福』① )

ニューヨークタイムズ紙ベストセラー作家のマーシーシャイモフさんは、

「成功の真っただ中にいたにも関わらず、まったく幸せを感じられなかった」経験から、

『無条件の幸福』(英語ではHappy for no Reason=理由なき幸福)をどうしたら手に入れられるのか、研究し始めました。

そして、彼女は深いひらめきを得ました。

それは、「幸福とは、連続体なのだ」というものです。

幸福の連続体

①不幸

不安、疲労、意気消沈、などありふれた不幸せのこと。

 

②間違った幸福

つかの間の喜びで一時的に気持ちを麻痺させたり、現実から逃避したりすること。

その瞬間は楽しくても、最終的には有害となる行為にふけること。

ドラッグ、アルコール、ショッピング療法、脅迫的ギャンブル癖、テレビの見すぎなど。

 

③正当な幸福

幸福とは通常、この事を指し、よき人間関係、仕事上の成功、経済的安定、自分の才能&長所を活用している事など。

自分の望む健全なものを手に入れたことから派生する喜び。

 

③の正当な幸福に対しても、マーシーさんは否定しているわけではなく、大賛成なのですが、ただこの「正当な幸福」というものは、外的な状況で失われてしまうものだと言及しています。

 

彼女は、幸福の連続体には、もう一つ上のレベルがあり、それが『無条件の幸福』だと言っています。

正当な幸福が、外的な状況で失われてしまう可能性があることに対して、この『無条件の幸福』は、外的な状況で失われてしまうことがない、というものです。

さて、この『無条件の幸福』とはどんなものなのか、どうしたらそれが得られるのか、明日また詳しく書いていきますね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索