BLOGブログ

12
2013

インナーチャイルドの癒し:イメージワーク

インナーチャイルドの癒しの手法の中に、イメージワークというものがある。

 

自分の中に住んでいるインナーチャイルドをまず想像してみる。

3歳から幼稚園くらいの子供の自分をイメージする。

そして、大人の自分が、その子がどんな表情をしているか読み取ったり、気持ちを汲み取ったりする。

 

「頑張ったね。」

「大好きだよ。」

「これまで大切にしてこなくてごめんね。」

「もう我慢しなくていいよ、一杯泣いていいんだよ…。」

 

愛の言葉かけをしながら、ぎゅーっと抱きしめる。(もちろんこれもイメージで)

 

このようなワークをする時、初めは、「なんだか恥ずかしい」という思いが出てくる。

そんな時に有効なのが、自分のインナーチャイルドは、「全くの赤の他人」と思うようにすること。

自分自身に対して、「頑張ったね」「大好きだよ」と話しかけるのは何だか躊躇してしまう、という方でも、「インナーチャイルドは別の人格」と思えば、まだ気楽にできるのではないだろうか。

 

(脳科学の最近の研究によると、実際私たちの中にはたくさんの別の人格がある、ということだ。でもこのお話はまた別の機会に。)

 

インナーチャイルドの癒しは、恥ずかしいという思いを手放して、とにかくやってみること。

それが、本当の純粋な自分自身に還(かえ)る第一歩になる。

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索