BLOGブログ

10
2015

ソウルメイトリーディング(2)「関係性の危機~縁が薄れた、と感じるとき」

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

******************************

お問い合わせメール: reservation_hoshino@cocorono-salon.tokyo

******************************

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

先日、メルマガでもお知らせしましたが、「メール」(文書)によるリーディングセッションを行う予定です。

そして、新メニューとして、「ソウルメイトリーディング」が登場します。

詳細について決まり次第、ブログにて告知いたしますので、もうしばらくお待ちください(^^)

今日は、前回のブログ、「 ソウルメイトリーディング(1)相性について 」の続きを書きますね。

 

*****************

 

初めに「気が合う」「相性が良い」と感じたパートナーでも、時間の経過とともに、生活を長年共にするうちに、何故かぶつかり合うことが多くなったり、すれ違いを感じたりすることがあります。

結婚して20年以上経ちますが、告白しますと、私はこの結婚生活の中で、「別れ」或いは「離婚」の二文字が頭の中によぎったことは、一回や二回ではありませんでした(◎_◎;)

 

一緒に人生を歩んでいくこと・・・。

言葉で言うのはとても簡単ですが、その道のりには、様々な行程があり、険しい道、下り坂、と感じる場合もあるのですね(^^)

そして、それぞれが違う人間ですので、価値観や方向性がずれてくることもあります。

 

では、険しい道や下り坂の時にはどうすればいいのでしょうか?

価値観がずれてきた、気が合わなくなった、と感じるときはどうすればいいのでしょうか?

 

 

結論から言いますと、まずは「徹底的に自分と向き合うこと」が必要となります。

 

関係性の危機の時には、相手を責めたり、相手を変えようとしたりする気持ちが強くなります。

が、その状態でいる事では、実際、事態は変わることは少なく、自分が「被害者意識」を持ったままの状態が続く可能性が高いでしょう。

 

外側の世界は、自分自身の内側の反映です。

そして、パートナーは、最も身近な自分の鏡です。

 

鏡に映った像を、変えることは出来ません

 

他人を変えるのではなく、ベクトルを内向きにして、「自分を見ること」です。

パートナーとの関係でも、自分の潜在意識の深い底の部分にあったものが、現実の中で浮上して来ている、と認識を変える必要があるのです。

自分自身の内側をひも解き、傷やブロックとなっている思考や感情を解放していくこと、つまり自分を変えていくことで、関係性は「最善の方向」へと向かいます。

 

(これは関係性に限ったことではありませんが)私たちは、痛みを通して、愛を深め、愛の器を拡大することが出来ます。

そして、苦しみを通じて、自分の可能性を広げることが出来ます。

その中でも、近い関係性における痛みと苦しみは、お互いの感情が絡み合っている分だけ複雑なものとなりますが、その分の壮大な学びと成長を私たちに提供してくれます。

 

痛みと苦しみを見ないようにするのではなく、しっかりと見て、乗り越えることは、次の「喜び」「幸せ」へとつながって行くのです。

その経験は、必ず、「本当の自分」の愛と輝きを取り戻し、より大きく開花させていく道へとつながっています。

 

今、関係性で、悩んでいる、ということ。

 

それは、あなたが、心の奥底で、本当の自分により深く目覚め、愛を拡大させたいと願っている、ということです。

そして、あなたが、その難しい課題を乗り越えるだけの、素晴らしい勇気のある偉大な精神の持ち主である、ということでもあります。

 

私の「ソウルメイトリーディング」では、お2人の出生ホロスコープのリーディング、占星術の様々な技法、そしてタロットリーディングなどを用いて、それぞれの人生の目的なども照らし合わせ、関係性について気づきと理解を深めるものです。

 

この「ソウルメイトリーディング」も含めた、「メール」(文書)によるセッションについて、詳細が決まり次第、ご案内いたします。

☆ほしのめぐみ☆

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索