BLOGブログ

07
2014

パッションテスト④ 「自然ガイドシステムに従う」

先日のブログの続きもので、パッションテストについてのお話です。

 

参照: 「 パッションテスト① 情熱発見ツール 

「 パッションテスト② 自分のパッションを書き出す 」

「 パッションテスト③  パッションとは人生で最も大切な○○である 

 

パッションテストとは、「自分らしさを明確にする最強プログラム」。

―――『パッションとは、あなたにとって、最も大切な愛』。

―――『パッションは、あなたが天命を生きるように引っ張ってくれるものであり、自分の本質の最も深い部分とつながっている』

というところまで、前回お話ししました。

さて、実際、パッションを生きていく上で、最も大切になることは、何でしょうか?

パッションテスト創始者のジャネット・アトウッドさんによると、それは、「自然ガイドシステム」に従うことだそうです。

自然ガイドシステムとは、一言で言うならば、「拡張と収縮の波という形の導き」のこと。

 

*収縮している時の感じ:落胆、イライラ、へとへと、動揺、緊張など。

* 拡張している時の感じ:オープン、情熱、ワクワク、没頭、思いやり、寛容など。

 

収縮と拡張とは、いわば「呼吸」のようなもので、どちらもなくてはならないものだ、とジャネットさんは明言しています。

吐くと吸うはセットなので、息を吸ってばかりでもいられないし、息を吐いてばかりでも倒れてしまいます!(^^)!

収縮が悪いもの、と私たちは考えがちですが、自然の波としてそういう時があるものだ、と受け入れる姿勢が大切なのですね。

 

「収縮と拡張」、それぞれの感覚からの導きは次のようなものです。

 

*拡張=「そのまま先へ進みなさい」「先へ進んでアクションを起こしましょう」

*収縮=「立ち止まり、一息つこう」「リラックスして、心を開き現状を見つめてみよう」

 

問題が生じるのは、「収縮を感じているのに無理やり前へ突き進もうとすること」。

行き詰っているのに、結果ばかりを出そうとして焦ったけれど、何も生み出せなかったという経験はありませんか?

私は、あります(^^)。

まさに収縮の波の時に、気づかずに(或いは気づかないふりをして)無理に推し進めようとした時は、「ワクワク感」ももちろんないですし、エネルギーばかりが消耗していったような気がします。

逆に、収縮の時に、一旦一休みして、リラックスし、ボーっとしている時に、かえって「ひらめき」がやって来て、次のステップへと進めることが出来た、という経験もあります。

「収縮」も必要があって、起きているのですね。

 

先日16日に、占星術では、「拡大・発展」の象徴である木星が獅子座へと移動しました。

「パッション=情熱、を生きること」は、獅子座木星のテーマでもあり、関連して、この「パッションテスト」について、ずっとお話してきました。

 

自分の心からの情熱を、このパッションテストでもう一度見直している最中です。

「収縮と拡張」という自然の導きに耳を傾けつつ、「情熱=人生で最も大切な愛」を生きたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索