BLOGブログ

09
2015

人生の岐路~選択、そして決断(3)「不安」から「面白がる」ことへ

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

******************************

お問い合わせメール: reservation_hoshino@cocorono-salon.tokyo

******************************

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

今日は秋分の日ですね。

ここから28日(月)の月食(牡羊座の満月)までは、さらに変容のエネルギーが強まっていきます。

 

今は、古いエネルギーがあぶりだされてくる時期でもありますので、身体や精神状態に変化を感じられている方も多いことでしょう。

自分と向き合いつつも、心と体の声を聴いて、自分自身に優しく、大切にいたわりながら進んでいきたいですね(^^)

さて、先日からのブログの続きです。

「 人生の岐路~選択、そして決断 (1) 」

「 人生の岐路~選択、そして決断(2) 」

 

人生は選択と決断の連続です。

決断に至るまで、様々な葛藤や迷いを経験することがあります。

特に大きな決断の時には、思い切って決断をした後にも、「これで本当に良かったのか?」という気持ちになりやすいですね。

最近私自身が、とても大きな決断をしたばかりなのですが、本当にそんな↑気持ちになりました(>_<)

 

「不安」「恐れ」「抵抗」「緊張」などは、潜在意識の過去のデータから出てくるもの。

決断、という大きな人生の山場で、これらの感情が出てくるのは、人としてある意味「自然」で「正当」なことです。

ですので、まずは自分の感情に逃げずに徹底的に感じ尽す、ということが大切になるでしょう。

 

そして、このプロセスをやり尽すとどうなるのでしょうか?

 

必ず、必ず「突き抜けられる」時が来ます(^^)

大きな決断をした自分を褒めてあげることさえできるようにもなります。

 

「どうして私にこんな大変なこと(課題)がやってくるのだろう??」

と怒ったり嘆いたりしていた自分を乗り越えて、その大変なことに挑戦している自分が愛おしくなってくるのです。

 

( 以下、「人生の選択 だからあなたはうまくいく!」越智啓子著 徳間書店より引用)

『人生は、「その時だけ」見ても、どんな意味があるかはわからないようになっています。』

『未来の自分のために、今望むことを選択しましょう。

今この瞬間にどんな気持ちでいるかを、意識的に選択できます。

過去のデータから「不安になる」ことをやめて、「面白く感じてみる」ことを選べるのです。

「不安がる」から「面白がる」への変換です。』

 

どんな大変な選択、決断も「面白がる」ことが出来るようになれば、もうあとは何があっても大丈夫ですね。

「面白がること」が出来る、ということは、大きな視点で自分を俯瞰して見てみることが出来ている、ということだからです。

 

本来、「人生に越えられない山はない」そして、「どんな選択をしても、その時の最高の選択をしている」ということを信頼し進んでいきたいと思います(^^)

☆ほしのめぐみ☆

 

 

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索