BLOGブログ

05
2015

人間関係がうまくいかない時~関係性のリーディング①

個人セッションのご案内はコチラです→ 【 個人セッションのご案内 

お問い合わせ: info@cocorono-salon.com

⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

昨日は、「書く解放」として、現状に関する「不満」を書いてみるワークをご紹介しました。

5/13のブログ参照:「 心の整理~不満を洗い出すワーク 

 

さて、私は、今、不満に関する面白い本を読んでいるのですが、その名も、『もう不満は言わない』(W・ボウエン著、サンマーク文庫)というもの。

この本によりますと、

「あらゆる不平不満はみな人間関係にもとづく」

ということです。

考えてみれば、なるほど、本当にそうですね。

 

( 以下、前述の本より引用 )

『不平不満というのは、ほとんど場合が「人」に関するものです。

その「人」との関係は、結婚や職場のような形式を伴う関係から、

店に来る客やアパートの住人といった、形式を伴わない関係、

何十年も続く関係から、つかの間の関係までさまざまです。』

 

人との関係は、人生のあらゆる側面にかかわり、喜びや慰め、安らぎをもたらすかと思えば、苦しみや痛みをもたらすものでもあります。

それほど複雑なテーマであるということは、それだけの大きな学びと恩恵が隠されている、ということでもある、と思います。

 

実は、人間関係というのは、相手に関するこちらの見方、頭の中で作るストーリーが、外に現れたもの。

自分自身の相手への投影—–つまり、自分の(勝手な)ものの見方で、他者の性質や価値を決め付けていること自体が、自分自身を苦しめている、という事実があるのです。

 

私はいつも、関係性で葛藤や迷いが生じた時には、タロットリーディングを行います。

自分で作り出した相手への投影を「客観的なものの見方」へと連れ戻してくれる、日々重宝(ちょうほう)しているリーディングです。

このリーディングは、個人セッションでも活用し、とても役立っています。

 

このタロットリーディングに関して詳しくはまた明日、続きを書いていきますね!

☆ほしのめぐみ☆

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索