BLOGブログ

05
2015

冥王星と家系の連鎖

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

GWも終わり、通常の生活に戻られた方も多いかと思います。

まだ本調子でなくても、少しずつ「自分らしさ」や「意欲のありか」を取り戻していくような流れに入っていきますので、焦らずに‟小さなやりたいこと”から起動していきたいですね(^^♪

 

昨日のブログで、少し触れた冥王星という惑星について今日も少しお話してみたいと思います。

星導学では、冥王星は「死と再生」「いのちの連なり」「家系や先祖から受け継いだもの」などを表します。

考えてみれば、家系そのものが「死と再生」の連続ですね。

星導学では、生年月日と出生時間で、まず、ホロスコープ(星の配置図)を作成します。

出生のホロスコープで、この冥王星という惑星が際立っていて、その影響が強く表れている場合、その人は、

①「家系のパターンを強く受け継いでいる」

②「その家系のパターンを解消し、新生させる役割がある」

という特徴を持っている、という風に捉えられます。

 

かく言う私のその一人。

私の場合、特に「女性性」に関する、家系から受け継いだ、様々な否定的なパターンについて、これまで気づきと解放を深めてきました。

 

全ての人のホロスコープにもちろん冥王星がありますし、家系や先祖からの影響がまったくない、ということもほとんどあり得ないことでしょう。

家系的なパターンが重く感じられる、という場合、そこを見ないようにするのではなく、掘り下げて意識的に気づいていくことが、パターンを解除していく第一歩。

もちろん、そこにとらわれすぎず、解放していくために、気づきの光を当てていく、ということです。

家系から受け継いだ否定的なパターンに気づいていくと、家系から受け継いだ肯定的な(ポジティブな)パターンにも気づくことが出来、その本来の力が出てくるようにも感じています。

冥王星は、家系の「癒しと解放」にとても重要なカギを担っている惑星なのです。

 

ご自分のホロスコープが作れる方、持っている方は、冥王星の星座やハウスなどを見てみてくださいね。

***************

今日は、星導学の世界のお話「冥王星と家系」という切り口で書いてみました。

その他の惑星の持つ特有のエネルギーについても、今後少しずつ、こんな風にまとめて書いてみたいと思っています☆

⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆

個人セッションのご案内はコチラです→ 【 個人セッションのご案内 

お問い合わせ: info@cocorono-salon.com

⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】が出来ました!

いち早く、星々からのメッセージをお届けして行く予定です☆

ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索