BLOGブログ

04
2016

占星術と四元素~「地の元素」について&4月4日~10日週間占いの更新☆彡

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

******************************

お問い合わせメール: reservation_hoshino@cocorono-salon.tokyo

******************************

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

週間占い(4月4日~10日)を更新しました。

どうぞお楽しみください(^_-)-☆

******************************

「占星術と四元素~「地の元素」について」

******************************

何度かお伝えしていますが、4月20日太陽が牡牛座に移動するまでは、主に5天体が火の星座に集まり、「火のエネルギー」が活性化しています。

こちら↓からお読みください。

参照ブログ:「火のエネルギーの活性化~新しいチャレンジを試みるとき

「 四元素の考え方について 

火のエネルギーとは、「天とつながり、ビジョンを掲げ、チャレンジするパワー」と言い換えることも出来ます。

特に、12星座トップバッター牡羊座の「火」は、もっとも原初的で純粋な、大きな松明(たいまつ)の炎を連想させます。

12星座は「火→地→風→水」の順序で巡っています。

①牡羊座:火

②牡牛座:地

③双子座:風

④蟹座:水

⑤獅子座:火

⑥乙女座:地

⑦天秤座:風

⑧蠍座:水

➈射手座:火

➉山羊座:地

⑪水瓶座:風

⑫魚座:水

 

「火」のエネルギーの活性化の後は、太陽が牡牛座に移るあたりから「大地(地)」エネルギーが高まる、という順序となります。

 

四元素の「地」のエネルギーとは、その言葉から連想される通りに、

大地や地球の自然とつながることであり、またそこから発展したものとして、

 

「実際的、現実的感覚、五感を大切に豊かさを味わうこと」

「地に足を付けてじっくり歩むこと」

などの意味を含みます。

 

地の星座は、牡牛座、乙女座、山羊座。

この3つの星座はどれも上記のパワーを持つ星座です。

火の星座の掲げるビジョンを、浮世離れしたものとせず、人間の現実の生活に落とし込み、実際的な活動へと促してくれるパワーです。

現実的な「富や豊かさ」を味わったり、構築したりするのもこの「地のエネルギー」のなせる業。

 

地の星座の一番目、牡牛座の「牡牛」はたくさんの恵みを人間にもたらしてくれるものの象徴にも思えますね。

牡牛座の守護星は、伝統的には金星となっていますが、これまでの体験と考察などにより、「地球」がこの星座の守護星としてもっとしっくりくるように感じています。

私たちの大切な星、地球と最も近いのが、この、「地」の星座です。

 

次回は四元素「風」のエネルギーについてお話していきたいと思います。

☆ほしのめぐみ☆

 

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索