BLOGブログ

05
2015

双子座の季節~「考えすぎない力」を養う②

個人セッションのご案内はコチラです→ 【 個人セッションのご案内 

お問い合わせ: reservation_hoshino@cocorono-salon.tokyo

⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】☆ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

 

現在の星の動きなどを見ると、私たちの「思考」を司る水星に様々な意味で、スポットライトが当たっています。

参照ブログ: 「 双子座の季節~「考えすぎない力」を養う① 

:「 水星逆行のテーマ 

 

私たち人間の思考は、脳の習性から言っても、放っておくとネガティブになっていくという傾向があります。

今、思考を暴走させないためにも、そして自分のエネルギーを大切に活用するためにも、「考えすぎない力」を養う、ということに私自身、トライしています。

 

行動心理コンサルタントの鶴田豊和先生は、著書の中で「人は考えれば考えるほど、ネガティブになり、行動を起こすことも面倒になる」と書いています。

そして、「何も考えない時間を増やそう」と提案されています。

 

( 以下、「めんどくさいがなくなる本」鶴田豊和著、フォレスト出版 より引用 )

『幸せになるためには、何も考えない時間を増やしましょう。

考えることは、良いことではなく、むしろ悪いことなのです。

人は、1日に6万回考えます。

そして95%は前日、前々日と同じ考えで、80%はネガティブなことを考えています。

ほとんど将来に対する不安か、過去の痛みかのどちらかを無意識に考えているわけです。

(中略)

ですから、「考えること」イコール「苦しいこと」と思っていいのです。

もちろん、なんとなくの思考と意識的な思考を区別する必要あります。

「なんとなくの思考」とは、ボーっとしているときに無意識に考えている事ですね、

「意識的な思考」は必要です。ですが、「なんとなくの思考」はできる限り少ない方が幸せです。』

 

この本の中で、考えない訓練の一つとして、「五感に意識を集中すること」が挙げられています。

体感覚に意識を向けると、思考が働きにくくなるのですね。

 

考える必要のあるところでは考える、そうではないところでは、五感を通じて、目の前の事に集中する、というのが、今すぐ幸せな気分になる秘訣でもあります。

 

この方法は、とても手っ取り早く、いつでもどこでも無料で出来ますので、私も「あ、今考えすぎてる」と気づいたときにすぐ行っています(^^)

 

例えば、ご飯を食べている時には、ご飯に集中。

味をしっかりかみしめます。野菜の彩りを楽しみます。

この場合は味覚と視覚という五感を使っていますね。

 

5月という季節柄、そしてまた、宇宙からのエネルギーもずっと強い変動を繰り返しているので、今は、私たちの脳も疲労が出やすい時期だと思います。

「考えすぎない時間」―――

是非増やしていきたいですね(^^)

☆ほしのめぐみ☆

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索