BLOGブログ

08
2013

天職物語① 海外への憧れ

こんにちは!

 「天職」―少し大げさなタイトルでしょうか?

これは、私が初めてユピテルさんにお会いした時の質問でした。

「私の天職は何ですか?」

天職という言葉を広辞苑で引きますと、

①天から命ぜられた職

②その人の天性に最も合った職業

ということです。

②を言い換えると、要するに「自分らしさを発揮できる仕事」ということになるのではないでしょうか?

私の場合、思い起こすと、今から20年前、「天職」という言葉はまだ頭の中になかった高校時代から「自分らしい、やりがいのある仕事」には就きたい、と考えていました。

 その当時は、英語が好きで海外に憧れていたので、漠然と「語学を使う国際的(死語?)な仕事」をしたい、などと思っていましたね。

 その時代は、占星術なんて全く知らなかったのですが、今、私の占星術の出生のチャートを見ると、自己実現を表す太陽と知性・コミュニケーションを表す水星が重なるように射手座に位置しています。

射手座は、「海外、未知の世界」の象徴を含んでいて、「なるほどー、やっぱり」と腑に落ちます。

ところで、冒頭のユピテルさん初セッションの質問「天職」についての答えは、と言いますと、「教える」ということがキーワードとなり、例えば、「文章を書くこと」という内容でした。

今、このように自分のサイトで、週間占いやブログを書き始めたことがとても嬉しいです。

さて、高校時代から、今に至るまでの道のりは長いものでした。

私の「天職物語」、また次回続きを書いていきます。

☆ほしのめぐみ☆

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索