BLOGブログ

08
2014

平和への祈り

 

私にとって、8月は平和を祈る月。

 

子供の頃から、原爆の日である6日と9日、そして終戦記念日には祈る習慣がありました。

 

以前何かの本で読みましたが、マザーテレサが「戦争反対」ではなく「平和」を祈りましょう、と提言されていた、という内容を憶えています。

 

「戦争反対」を意識すると、意識が向かっているもの(つまり、ここでは例えば戦争)を余計に引き寄せてしまう、という論理から、「戦争」ではなく、「平和」に意識を集中してイメージすることが大切なようです。

 

精神科医の越智啓子先生は、今の大変革の時代は「祈りの時代」だと明言されています。

 

『なぜ、私たちは祈るのでしょうか?

 

 実は私たちは、無意識に祈りの奇跡的な力を知っているからです。

 

 祈りは、ただのお願いごとではありません。

 

 自分のパワーに神のパワーも加わり、何倍もの力になって宇宙を駆けめぐります。』

 

 ( 「一瞬で愛に満たされる 祈りの奇跡」越智啓子著、廣済堂出版より )

 

私は、以前しばらくの間、テレビのニュースになるべく触れないようにしていた時期がありました。

 

恐れを喚起するような内容が多いから、というのが理由ですが、最近は、テレビなどで事故や大惨事のニュースが流れてきても、祈ること=愛を送ること、に専念しています。

 

そうすることで、影響を受け過ぎず、むしろ自分の内側からパワーが湧いてくる、ということが実感できました。

 

祈りそのものに力が宿っている・・・と感じています。

 

今月は自分の「平和月間」として、特に日本と世界の平和に向けて祈りたいと思います。

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索