BLOGブログ

12
2013

“怒り”は創造のエネルギーへと転換できる

こんにちは!

ほしのめぐみです。

 

唐突ですが、あなたは“怒り”を感じたことはありますか?

(感じたことがあるのは当たり前ですね…人間だから。)

 

“怒り”は、あなたが大切にしているものが侵害されたと感じたり、または、自分が誤解されたり、認めてもらえなかったりする時に表れるごくまっとうな感情です。

 

“怒り”は、相手へのすさまじい攻撃になることがあります。

 

個人と個人の争い事から、国家間の戦争まで、戦いは「攻撃」する事から始まりますよね。

 

しかし、その「攻撃」のエネルギーを、自分の本当に欲しい物に向かって立ち上がり、行動していく意欲に変換する事も出来ます。

 

西洋占星術で、“怒り”を司るのは、「火星」という惑星です。

 

火星は、同時に、「情熱」や「行動への意欲」も表しています。

 

火星という惑星の意味合いから、“怒り”は、自分のパワーと動力源に換えられる、ということがわかります。

 

私は、最近激しい怒りを感じたことがありました。

けれど、上に述べてきたように、発想転換を試みました。

 

自分の目標のための、今やるべき仕事に向かっていくパワーに応用したのです。

そうすると、怒りは、「破壊」ではなく、「創造のエネルギー」へと活用できました。

 

怒りは人生を創造的に生きるパワーにもなる、ということが実感できました。

 

もし、皆さんも怒りを感じ、相手を責めたり攻撃したくなったりした時に、この発想を思い出してみてください。

自分の人生のために、パワーに換えられないか、試してみてください。

 

ちなみに、新鮮な出来たてほやほやの怒りのエネルギーは、鮮やかな赤の色をしているそうですが、古くなってくると、黒ずんだ赤になるそうです。

 

感情も生ものと同じで、早く消費すること(!?)が大事なようですね!

 

☆ほしのめぐみ☆

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索