BLOGブログ

09
2015

“意図の種”を植えよう③ ニュートラルな状態の時に行う★

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

******************************

お問い合わせメール: reservation_hoshino@cocorono-salon.tokyo

******************************

サイトのセッション予約ページは工事中です。

☆個人セッションお申し込み方法はコチラからお願いします↓☆

http://www.hoshino-megumi.com/member/hoshino/9318

******************************

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

私の家の周りは自然が割と多い所で、朝、夕、晩と、この季節ならではの「虫の音」が涼やかに聞こえてきます。

姿は全然見えなくて(スズムシ、マツムシでしょうか?)、声だけ聞こえてくるところが何とも風流で、癒されております(^^)

 

さて、昨日のお話の続きです。

参照ブログ「 “意図の種”を植えよう① 」

「 “意図の種”を植えよう ② 

 

昨日は、まず望む意図を明確にして、それをアファメーション形式で書く時、自分にとって「違和感」「抵抗感」「疑念」などがない文章にする、ということが大切、と書きました。

 

アファメーションを体験してきて、私が思う、さらなる大切なポイントは、もう一つ。

それは「良い気分」或いは「ニュートラルな気分」の時に行う、ということです。

ここで言う「気分」というのは、「機嫌」と言い換えても良く、いつもお伝えしている「感情」とは、区別して使っています。

 

注)潜在意識は意識の90%以上と言われ、古い記憶の倉庫。 深い感情が、潜在意識の中から解放されようとしている時は、アファメーションなどはやらずに、しっかり感情を見つめて、解放することに専念するのがおススメです。

 

「ニュートラルな状態」の時には、自然に自分の中に言葉のパワーが入っていきやすいですね。

 

自分が不機嫌な時、イライラしている時、モヤモヤしている時に、無理にアファメーションをしても、その唱えている言葉と自分の状態がかけ離れていると、自分の中に言葉がなかなか浸透していきません。

 言葉にあまりに現実味がなさすぎる、と「欠乏感」を生み出すことにもなってしまいかねません。

アファメーションは、「満たされている」という感覚のある時に、浸透し、そのパワーを発揮するものです。

 

なので、アファメーションはやはり、思考も感情もクリアになっていることの多い時間帯、「朝」が最も適しているように感じます。

 

1日のうちでも、朝は、昇っていく太陽の「純粋」「新生」「躍動」などのエネルギー、夕方は、沈んでいく夕日の、「慰め」「いたわり」のエネルギーを持っているので、アファメーションは朝、夕方は自分への労(ねぎら)いの言葉かけが向いています。(夕方は1日の疲れも出てくる時間帯でもありますから(^^))

 

私の場合、アファメーションを楽しく行うことを続けていたら、「文章を作ること自体が楽しくなったこと」、「自分がブレなくなったこと」など、望む結果を引き込むことにプラスして、相乗効果を感じています。

 

********* 

 

この「意図=望む結果、を明確にする」ということは、自分自身に幸せや豊かさを呼び込んでいく、そして、自分が望む人生を「創っていく」ということにも、つながっています。

 

そのためには、「思考」「感情」そして、「身体」の3つのエネルギーの状態に気づき、クリアにしていきたいもの。

 

この3つのエネルギーを常日頃から浄化してキレイにしておくことで、「望み」がはっきりしなかった場合も、自分の「本当の望み」が分かります。

そして、より深く高次元の「望み」も、明らかになっていくプロセスが展開されます。

 

これまで感情についてはたくさん書いてきましたが、次回以降、幸せを呼び込む「思考」についても、私の試行錯誤してきた体験から書いてみたいと思います。

☆ほしのめぐみ☆

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索