BLOGブログ

11
2014

手放すことのメリットは?

【ほしのめぐみ☆11月個人セッションのご案内】

~☆特別特典「2015年あなたが輝く秘訣」限定10名様~

セッションご予約はコチラから→東京ココロノサロン予約カレンダー

⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆

11月7日(金)は牡牛座にて満月が起こります。(満月時刻は、午前7時23分)

月の満ち欠けの「欠ける」周期に入る初日である満月の日。

この日には、自分が手放したい事を明確にして、実際書き出すワークなどを行うと有効である、と言われています。

今日は、手放すことのメリットを2つ、簡潔にお話しますね。

メリット①

手放すと、願い事の現実化を妨げるブロックが少なくなり、スムーズに願い事が叶いやすくなる。

メリット②

手放すと、直感が冴えてくる。直感とは、自分の本心からのメッセージ。

直感とつながりやすくなると、自分が本当に望んでいることがわかる。

(なので、これまでの願い事でも、本心では望んでいなかったことなども明らかになる。)

 

最近、私は、「新月の願い事」のような願いを書き出すワークも大切だけれど、この「手放すこと」の重要性をひしひしと感じております。

自分の内側にある信念(頑なな考え)や恐れや不安などこそが、願望実現のサイクルをブロックしてしまうのです。

7日は牡牛座で起こる満月なので、この「牡牛座」という視点から、どんなことを手放すと良いかを書いていきたいと思います。

☆ほしのめぐみ☆

 

 

 

東京ココロノサロン主宰のユピテルジョージ先生式満月のリリース(手放し)ワークの説明からの引用ですが、月の満ち欠けの「欠ける」周期に入る初日である満月の日には、自分自身が今後手放していきたいことを明確にするといいと言われています。

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索