BLOGブログ

03
2014

春分の日に向けて~スプリング・クリーニング

 

今日3月6日は、二十四節気で啓蟄(けいちつ)と呼ばれる日です。

 

啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃、ということです。

 

そして、占星術の太陽のサイクルでは、“一年が終わろうとしている時期”に当たります。

西洋占星術では、春分の日が一年のスタートになるので、3月21日が“お正月”になるのですね。

太陽のサイクルでは、あと2週間で、一年のサイクルが終了します。

 

日本の学校、会社の年度のシステムなどもこの一年のサイクルにほぼ合っています。

 

3‐4月は、卒業や入学、入社、転勤、引っ越しの季節ですよね。

 

今月は月末に二度目の新月も起こります。(31日、牡羊座にて。)

 

一つのサイクルの終結と新しいスタートという大きな切り替わりの時期。

 

この宇宙からの大きな流れに沿って、私は、スプリング・クリーニングと称し、昨年末に捨てられなかったもの等を整理しているところ。

 

ですが、今回のスプリング・クリーニングは“過去との決別”というような重苦しい雰囲気はないものです(笑)。

 

新しい未来を感じながら、無理なくスイスイと、でも潔く、そして気持ちよく、なかなか捨てられなかったものも整理出来ています。

 

そして、手が届かなかったところもちょこちょこ掃除して、スッキリ感を日々体感。

 

12月の大掃除で済ませられなかったところなども、今がチャンスです。

 

楽しみながら、「輝く未来」のためにスペースを作る・・・・・・そんな気持ちで取り組むと良いようです☆

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索