BLOGブログ

02
2014

私にとっての“炎の人”~岡本太郎さん

先日、「 (続)ほしの流☆自分と向き合う方法  」という記事の中で、「炎のイメージワーク」というものをご紹介しました。

 

「炎」…生命(いのち)が燃える様子や、情熱がほとばしっている様子などの比喩にも使われますね。

 

ところで、私がまさしく“炎の人”と呼んでもいいのでは、と思っている方がいます。

 

それは……岡本太郎さん。

 

『自分の中に毒を持て あなたは常識人間を捨てられるか』(青春文庫)という、彼の著作を、しばらく前に読みました。

 

この本は…岡本太郎さんの本を読むのは、これが初めてだったのですが、「感動」と言う言葉を超えて、強烈な足跡を、私の内部に残しました。

 

読んでいる最中も、読み終わった後も、全身の身体中、そして細胞全体に震えが感じられるほど、鮮烈な衝撃を受けた本です。

 

「生きる」ってどういう事なのか?

「人間」って一体何なのか?

 

頭ではなく、自分の生命(いのち)、身体、ハートで考えさせられた、というか、考えも吹っ飛んでしまうような感覚です。

 

この本の冒頭を少しご紹介しますね。

最初からとにかく強烈なんです。

 

(以下、本文より引用)

『人生は積み重ねだと誰もが思っているようだ。

ぼくは逆に、積みへらすべきだと思う。

財産も、知識も、蓄えれば蓄えるほど、かえって人間の自在さを失ってしまう。

過去の蓄積にこだわると、いつの間にか堆積物に埋もれて身動きができなくなる。

人生に挑み、本当に生きるには、瞬間瞬間に新しく生まれかわって運命をひらくのだ。

それには心身とも無一物、無条件でなければならない。

捨てれば捨てるほど、いのちは分厚く、純粋にふくらんでくる。』

 

全体的に、今の人間の生き方に対し、疑問を投げかけている内容ですが、ただ批判をしているのではなくて、そこには、人間そのもの、生命(いのち)そのものを讃えているような“深い愛”が感じられる本なのです。

 

そして、上記の引用の下線を引いた「瞬間瞬間に新しく生まれかわって」というところ、似たような表現で、本の中に何度か出てくるんですね。

 

ここで、(ろうそくの)「炎」について。

 

この「炎」は、実体があるように見えますが、本当は瞬間的に酸化作用が起きて消滅し、また酸化作用が起きて消滅し…という「創造」と「消滅」がものすごいスピードで起きている現象だそうです。

 

つまり、「炎」は、まさに「瞬間瞬間に新しく生まれかわって」いるのですね。

 

私たちの目には、「炎」が決まった形に見えているだけ、ということ。

 

つまり、「自らの生命(いのち)を燃料として、瞬間瞬間新しく燃えて、光り輝く」のが、「炎」の生き方とするならば、まさしく、生き様で、その在り方、生き方を見せてくれたのが、岡本太郎さんだ、という風に感じるのです。

今、私も、この文章を書きながら、身体の中が、炎が燃え上ったように熱くなってきました(笑)。

 

興味のある方は、是非この本を読んでみてくださいね↓。「男女の純愛」についての章も、とても読みごたえがある本です。

「自分の中に毒を持て あなたは常識人間を捨てられるか」

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索