BLOGブログ

03
2014

自分の中の“女の子”を喜ばせる

桃の節句

明日は3月3日。ひな祭りですね。

食品売り場でも、ひし餅や、ひなあられなどが並んでいて、きれいなピンクや若草色を見ているとちょっと華やかな気分になれます。

 

ひな祭りは、女の子のお祭り。

 

自分の中の“女の子”を開放して、女の子に生まれた自分に思いっきり甘く優しくする日、なんてとらえてみるのも良いかもしれませんね。

 

『やさしいピンクは女をめざめさせる魔法の色。女性ホルモンの働きを高めて、気持ちをやさしくするといわれている』

( 大葉ナナコ著 「女がめざめる暮らし方 31のレシピ」より引用)

 

“女をめざめさせる”ピンク…。

一番春らしい色とも言えるように思います。

 

私も、春に向けてインテリアや、小物、お洋服などで、ピンクを取り入れてみたり、ピンクのスウィーツを楽しんだり、ピンクで、自分の中の“女の子”を喜ばせてみよう!と思っています。

 

バースコーディネーターである大葉ナナコさんの本は、女性の生き方や子育てにもたくさんヒントがあります。

これから妊娠・出産を考えている方にもとてもおススメです。

 

「女がめざめる暮らし方」
女がめざめる暮らし方

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索