BLOGブログ

06
2014

自己変容とは自由になっていくプロセスのこと

 

先月、心理占星術講座をスタートさせる前の数週間は、私にとって大きな自己変容の時期でした。

 

「変容」は、英語では「transformation」(トランスフォーメーション)。

 

この言葉は直訳すると、「変形、変質」という意味。

 

チェンジ(change)より、質や形の、劇的な変化の場合に使われる言葉ですね。

 

生きながらにして生まれ変わる体験、と言っても過言ではないほどの変化が「変容」と言っても良いかもしれません。

 

変容は、「幼虫→さなぎ→蝶」という、蝶の生長のプロセスに、よく喩(たと)えられます。

 

以前も、「変容」について書いたブログの中で紹介しましたが、幼虫は、さなぎの中で、一旦、自分のすべての形状を完全に手放すそうです!

 

その時、さなぎの内部は、ぐちゃぐちゃな混乱状態のようになっているらしいのです。

 

私も、変容中、自分の内部が、ぐちゃぐちゃの混乱状態を、身をもって体験しました。

 

そのプロセスは、大きな嵐にさらされているような破壊的な状態でしたが、それをくぐり抜けると、

 

蝶が生えた羽を使って、ひらひらと自由に飛ぶように、私も一段階、自由になれたような感じがしています。

 

自由、とはとらわれのない状態のこと。

 

自己変容とは、自分を自由に飛翔させるためのプロセスであり、手段だったんだ、と気づきました。

 

変容ごとに、羽が増えて、もっと高く、もっと自由に空を飛べるようになるのだろう・・・

 

と一つの変容を終えた今、また自分の未来を見据えています。

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索