BLOGブログ

10
2014

蠍座の新月(日食)~パワフルな自己変容に向かって

こんにちは!

ほしのめぐみです。

10月24日(金)は蠍座にて日食が起こります。(新月時刻は、午前6時57分)

 

*日食:地球から見た月と太陽の軌道が交わる場所で起こる新月のこと

 

星々の配置図(ホロスコープ)を見ると、この24日前後は、特にパワフルな配置になっています。

「本当に、このままの自分でいいのか?」

という揺さぶりが、外側からも内側からもかけられているようです。

もしも、今「つらい」「苦しい」という感情があるならば、それだけ自分に真摯に向き合っている証拠です。

「楽しい」「嬉しい」という感情だけではない、深く、重みのある感情に、今出来うる限り、徹底的に向き合っていくことで、大きな自己変容が起きてくるでしょう。

自己変容の道とは、「本当の自分」に出会っていく道。

それは、私の経験上、決して平たんな道のようには感じられません。

けれどもその道を「自分の道として歩く」と覚悟を決めたとき、自分の殻を突き抜ける=‟ブレイクスルー”が起きる・・・と確信しています。

⋆⋆⋆⋆⋆

 

以下に新月の願い事の書き方を記しています。どうぞご参考にしてくださいね。

皆様の大切な願いが叶いますように☆

☆ほしのめぐみ☆

 

【願い事の書き方】

①ペンで手書きをする。

②新月の時刻から48時間以内に書く。特に8時間以内が効果大。

(今回の新月時刻は、24日(金)午前6時57分)

③アファメーション(肯定的宣言)の形で書く。

「~なりますように」ではなく「~になっています」または「~になりました」のように書く。

④「私は~」と自分を主語にする。

⑤ 否定文、否定的な言葉は避ける。

⑥ 2~10個以内がベスト。

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索