BLOGブログ

10
2019

蠍座新月~過去とつながり再構築を図る

☆━━━━━☆━━━━━━☆━━━━━━☆

【蠍座新月~過去とつながり再構築を図る】

☆━━━━━━☆━━━━━☆━━━━━━☆

 

こんにちは(*^^*)

 

ほしのめぐみです。

 

28日(月曜日)は

 

太陽と月が重なり、

 

蠍座にて新月が起こります(午後12時38分)。

 

新月は月のサイクル(約28日)で

 

スタートのタイミング。

 

蠍座は「変容」と「再生」のサイン。

 

今年の蠍座新月は、

 

天王星と180度で

 

ぴったりと向かい合っているのが大きな特徴です。

 

他者や外部環境の影響を受けて

 

人生の目標やライフスタイルが

 

大きく変化していくことが

 

暗示されています。

 

また、一度絶えていたものが

 

形を変えて再び復活する、という

 

流れも生まれるでしょう。

 

新月は蠍座6度(数え度数)で起こっており、

 

松村先生の『サビアン占星術』によると

 

この度数は、「強い欲望に支配されるが、

 

それは新しい人生を切り開く

 

大きな原動力となる」

 

そして「欲しいものは確実に手に入れる」

 

という度数と書かれています。

 

ところで話が飛びますが、

 

10月20日(日)から始まった

 

話題のドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)

 

ご覧になりましたか?

 

過去に挫折した中年の男女が、新しい3つ星レストランを

 

東京につくり再起をはかる、というストーリー。

 

強い情熱をもとに、一度失った夢をかなえようと

 

「再生」と「復活」を遂げる、という内容が

 

蠍座シーズンにピッタリと一致し、

 

ひとり興奮してしまいました。

 

さて新月の流れを見ると、

 

注目すべきは、蠍座水星が今週金曜日(11月1日)より、

 

逆行し始めること。(~11月21日迄)

 

過去の体験について思いを巡らせるときです。

 

過去から引き継げるリソースを

 

見直したり、そこに新しいものを足して

 

再構築をはかったりすることが

 

促されています。

 

過去の人間関係が再び甦ることもあるでしょう。

 

(↑昔の仲間とつながって再生を図ろうとする

 

 グランメゾン東京のストーリーとも一致します(笑))

 

新旧の人やモノとの出会い、再会に刺激を受けて

 

活力や底力が湧いてくる新月。

 

未来を創る“今の欲望”を明確にするためには

 

過去と向き合う必要があるようです。

 

☆ほしのめぐみ☆

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索