BLOGブログ

08
2014

詩を楽しむ秋~『みいつけた』

昨日に引き続き、詩の話題です。

小学校三年生の国語の教科書に、とても可愛い詩が載っていたので、ここにご紹介しますね。

*******
みいつけた
   岸田衿子
ちいさいなみ つめたくて
ちいさいたね こぼれてて
ちいさいくも うかんでて
ちいさいむし はっている
えんぴつのしん ひかってて
すなのつぶ ちらばってて
いとくず すこし おちていて
あとは なんだか しらないごみ
きょうは ちいさいものばかり
みいつけた
*******
よーく見ると、生活の中にいっぱい小さなもの、ありますね…。
上の詩の、「あとはなんだかしらない ごみ」、というところが、とても好きです(*^-^*)。
こんな風に詩になってみると、生きているからこそ、出るのがごみだ、なんて気づきがあったりして…
そろそろ季節は、読書の秋・・・詩を読んでみるのも素敵だなぁ、と思いました☆

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索