BLOGブログ

02
2014

(続)地球に思いを馳せる

 

先日、宝石エネルギーを体感して、地球への愛おしさが何だか増してきた、というお話をしました。

( 初めての方は、こちらからお読みくださいね → 「地球へ思いを馳せる」 )

 

私は、以前から、地球の供給してくれているすべての恵み――空気やお水、そして食べ物、等々に感謝の気持ちを持っているつもりでした。

 

でも、どこかで何となく、私たち人間と地球を別のものと分けて考えていたのかもしれません。

 

ある日、私は、宝石のエネルギーについて、岡本社長(宝石エネルギー研究の第一人者の方、ギンザベルエトワール代表)が書かれている文章の中に、こんな表現を見つけました。

 

「人間も、宝石も、地球上のすべてのものは、同じ百数種類の元素(原子)で出来ている」

 

というフレーズ。

 

「地球も、人間も、同じ元素で出来ている」ということに、私は、新鮮な感動を覚えました。

 

そして、その時に

 

「私たち人間も地球も一心同体」

「私たちも地球そのもの」

 

と強く感じたのです。

 

当たり前のことだったのかもしれないのですが、私の中で、そのことについて、すごく「腑に落ちた感覚」があったのです。

(私は、この「腑に落ちる感覚」というものを個人的にとても大切にしています。)

 

そのように捉えると、地球を大切にしよう、と力まなくても、地球と一体である人間、つまり自分をケアすることも、地球の貢献につながっていきますよね。

 

自分癒し、そして自分の体を大切にすることが、地球のためにもなる、と思うと、何だかとても嬉しくなりました。(^₋^)

 

そして、地球のすべてのものを親密に感じ、愛おしさが増してきたのでした。

 

(このお話はまた次回に続きます。)

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索