BLOGブログ

02
2014

(続)手放すステップ

 

昨日、手放すステップの①気づく、ということから、そのプロセスが始まる、という事をお話ししました。

(昨日の記事からまずお読みくださいね→ 「手放すステップ」

 

手放すものは、過去からの蓄積された感情と、思い込み(信念、観念)。

そして、これらは、私たちが、潜在意識の中に抑圧して、フタをして見ないようにしてきたものです。

 

☆手放すステップ☆

 

①気づく

②良い・悪いと判断せずに、そのまま受け止める

③手放す

 

12年くらい前に、私は初めて潜在意識のことを学びました。

 

その時に、まず、自分の心の中に、抑圧されたネガティブな感情が存在している、という事実を認めること自体に、とても抵抗感がありました。

 

そういう感情があることに対して、私たちは、「嬉しい」とは思いにくいものですね。

 

当時、私は、怒り、悲しみ、罪悪感、恐れ、孤独感等々の感情に“良くないもの”とレッテルを貼っていたのです。

 

そして、そのようなレッテルを貼っているからこそ、「見たくない、受け止めたくない」という拒否反応が起こりました。

 

抑圧された感情に対する、“抵抗感”“拒否反応”をどうしたら良いか、というとやはり、それも、自分で受け止めていく、認めていくこと…。

「抵抗感がある自分」にOKを出していくこと…。

 

その上で、潜在意識からの感情や信念に気づいたときは、②の「判断(ジャッジ)をしない」という姿勢をとって、受け入れていく。

 

これが、手放していくステップになります。

 

私たちは、社会生活を営む上で、何かを「良い・悪い」という風に「判断(ジャッジ)する」ということを身に着けてきました。

 

そのジャッジする力は、自分を癒し、不要なものを手放していくプロセスでは、「脇に置いておく」ことが必要になります。

 

潜在意識というのは、私たちの意識の約97%を占めている、と言われています。

 

私に関して言うと、自分を見つめれば見つめるほど、自分(潜在意識)のことは、自分(表面意識)ではまだまだわかっていない…」ということへの理解が深まってきたと感じています。

 

☆ほしのめぐみ☆

 

追伸:手放すのには、紙に書き出したり、イメージワークなどを用いたりすることがとても有効です。以前書いた記事をどうぞご参照くださいね。

 

「ほしの流☆自分と向き合う方法」
「(続)ほしの流☆自分と向き合う方法」

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索