BLOGブログ

06
2014

(続)「言葉」への気づき

 

昨日のブログ「言葉への気づき」の続きです。

自分を制限してしまうような言葉をチェックして、書き出す、というワークを行った時のお話です。

自分では言葉の力を認め、新月の願い事、朝晩のアファメーションや祈りなど、ポジティブな言葉を使っている、と思っていました。

けれど、無意識につぶやいている言葉、何となく「癖」のように使ってしまっている言葉の中には、自分の可能性を制限する言葉が結構潜んでいたのです。

そして、その制限の言葉や表現を前向きな言葉に置き換えていく作業を行いました。

この作業は結構効き目があって、以来「癖」で心の中でもつぶやいていた言葉にも意識的に反応して、すぐにポジティブな表現に変換できるようになりました!

つい「できない」とか「無理」、「何でこんなことになったの?」などなど、制限の言葉が出そうな時には、こんなポジティブな言葉に置き換えています。

 

*「大丈夫、きっとできる」、「トライしてみよう!」

*「可能性にチャレンジ」

*「すべては必然」

*「人生いろいろ、だから面白い!」

*「すべては体験という名の贈り物、何でも楽しもう!」

*「何とかなる!」

 

自分ではつい見逃してしまう「普段の言葉」、これからも意識的に使っていこうと思います(^^)

 

 

 

 

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索