ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

乙女座のテーマのリアルな体験(^^)

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

******************************

お問い合わせメール: reservation_hoshino@cocorono-salon.tokyo

******************************

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

 

珍しく四日間もブログをお休みしました。

 

この間何をしていたかというと、大学病院に入院し、腕に出来た血管腫というものの切除手術を受けておりました。

 

(血管腫とは、ごく簡単に素人的な表現で言うと血管にできる良性の腫瘍のことです。)

 

現在の星の動きと配置を見ると、一年の主要なテーマを見ていく天体である木星が8月に乙女座に移動し、運行中。

 

そして、火星と金星も乙女座にあり、乙女座的なテーマにスポットライトが当たっています。

 

乙女座のテーマとはまさに「健康、治療、ヒーリング」です。

 

参照ブログ

:「乙女座木星のテーマ① 健康に関する意識の拡大

:「乙女座木星のテーマ② インナードクターとつながること 」

 

腕に腫瘍のようなものを発見した時から、診断がつくまで、そして病院や治療法、手術を決めるまでの経験が、乙女座のテーマの‟生きた経験”になりました!

 

星とシンクロしたテーマを、まさに自分自身で現実のものとして受け取った、ということになるんだなぁ、と実感しています。

 

私の場合、ほぼ良性とわかっていて、臓器の手術ではなかったのですが、全身麻酔は、見たり聞いたりするのと、実際に受けるのとでは全く違うものですね(^^)。

 

そして、病院の選択、治療の選択も大きなテーマでしたけれども、手術を決めた後、私が最も学んだことは、

 

「明け渡すこと」

 

です。

 

「空け渡す」という漢字で書いたほうが、適切かもしれません。

 

何故なら、「明け渡す(空け渡す)」とは

 

「コントロールを手放し、自分をいかに空っぽにして、すべてを宇宙(天、神、大いなる源等々)に委ねるのか」

 

ということだからです。

 

自分の力ではどうにもできない、という地点に至った時に、この疾患の意図が何なのかについて腑に落ち、大きな気づきを得る、という体験をしました。

 

引き続きまた、この経験から学んだこと&感じたこと等々、書いていきたいと思います(^^)

 

☆ほしのめぐみ☆

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。