• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 2016年上半期の星の動き①「火星のエネルギーとは?」

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

2016年上半期の星の動き①「火星のエネルギーとは?」

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

******************************

お問い合わせメール: reservation_hoshino@cocorono-salon.tokyo

*****************************

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

今日は2016年上半期を全体的に見て、特徴的な星の動きについてお話していきますね。

今年初めから秋にかけては、火星が目立った動きをします。

 

火星は、通常、一つの星座を一か月半ほどで動いていきますが、今年初めから秋にかけての期間、蠍座と射手座に長期滞在をするのです。

*蠍座運行期間:1月3日~3月6日、5月27日~8月3日

*射手座運行期間:3月6日~5月27日、8月3日~9月27日

 

現在蠍座運行中の火星ですが、途中逆行し、順行に戻る、という動きがありますので、上記のようにこの二つの星座に二度にわたって滞在することとなります。

 

火星は「情熱、勇気、チャレンジ」など行動意欲や男性性のエネルギーを表す天体です。

「男性性」の中でも、「未成熟な若い男性」のイメージがあり、その情熱は行き過ぎると「怒り」や「焦燥感」となる可能性を秘めています。

「暴力、攻撃、破壊」などの結果や状態をもたらすこともあるのが火星のエネルギーなのです。

 

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

占星術で使う10天体=月、太陽、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星というのは、それぞれが独特のエネルギーを持っています。

この10個の星の運行から、より自分らしく輝くための指針と導きを読み取り、その星々のエネルギーとパワーをより良い人生のために上手に活用する、というのが私の占星術の用い方。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

これまでの研究と経験の中で、私は、この火星の強力なエネルギーは、「女性性」のエネルギーとセットでバランス良く活用することが必須である、という洞察に至りました。

10天体のうち、女性性というのは、主に「月」と「金星」が司る分野となります。

女性性のエネルギーというのは受容するエネルギーであり、「愛、調和、美、安らぎ」などを表します。

この世界は、陰=女性性、陽=男性性で成り立っており、陰と陽が一つになることで、発展的、創造的なパワーが生まれる、というのが宇宙の根本原理です。

 

女性性と男性性をセットでバランスよく用いるためには・・・

まず第一に女性性の部分で自分自身を満たすことが不可欠です。

 

常日頃から自分を愛し、ケアし、「愛」のエネルギーで満たされた状態にして、外に向かって「情熱、勇気、チャレンジ」をしていくことが、陰陽セットのパワー。

つまり、「愛をもとに情熱(火星のエネルギー)を燃やす、発進する、行動する」ことで、暴走せずに、健全でバランスの良いパワーの発揮となるのです。

 

今回はついつい「火星」自体のお話が長くなりました(#^^#)

次回は、蠍座&射手座にこの火星があると、どのような意味になるのかについて書いていきます。

☆ほしのめぐみ☆

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。