• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 春分前の節目~3月9日魚座の日食(新月)

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

春分前の節目~3月9日魚座の日食(新月)

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

******************************

お問い合わせメール: reservation_hoshino@cocorono-salon.tokyo

******************************

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

23日(月)は乙女座の満月でしたが、私にとっては、心身ともに大きな浄化と解放が起こり、びっくりニュースも飛び込んで来た満月となりました(>_<)

 

この満月は乙女座の3度(注)で起こりましたが、私の出生ホロスコープの月は、ちょうど乙女座の3度にあるのです。

つまり、私の出生の月と、トランジット(現在運行中)の月が、満月時にピッタリコンジャンクション(0度で重なる)だった、ということ。

そして満月では、太陽は月の真向かいにあるので、私の月と、トランジット(現在運行中)の太陽とはオポジション(180度のコンタクト)にもなります。

 

満月は節目であり、それだけでパワーが満ちているわけですが、上記のような星の配置とコンタクトから、私にとって心身の「強烈な変化」を促す大きなエネルギーとして感じられたのでしょう。

さて、今日は、セルフヒーリング&休息でまた復活しましたので(^^)、3月の春分までの流れについてザックリと書いていきたいと思います。

 

何度かお伝えしていますが、星の世界では、春分の日、つまり太陽が牡羊座に移動する日が、お正月となり、新しい一年がスタートします。

今は、いわば「年末」に当たる時期。

古いエネルギーを解放していくシーズンです。

 

春分の前、3月9日(水)には、魚座で日食が起こりますが、ここでも、その「解放」のエネルギーが大きく動くでしょう。

日食は特別な新月で、地球から見た「月と太陽の軌道が交わる場所」で起こる新月のことを指します。

この「月と太陽の軌道が交わる場所」というのは、ドラゴンヘッド・ドラゴンテイルと呼び、「人と人をつなぐ縁」を象徴すると云われるポイントになります。

 

この特別なパワーのある新月、日食における大きなテーマの一つが、「人間関係における解放」。

新しい世界、新しい出会い、新しい人間関係へ向かうためには、古い関係性の整理が必要だ、ということなのだと思います。

 

始まるべきものを始まらせるためにも、

「終わらせるべきものを終わらせる」

「決着をつけるべきものに決着をつける」

「変えるべきものを、変える」

Etc.

↑このような意識を元に行動を促されるタイミングとなります。

 

魚座日食は、とても大切な転換ポイント。

日食からのメッセージ、またブログにてお伝えしていきますね。

 

☆ほしのめぐみ☆

(注)乙女座の3度・・・

ホロスコープという円の円周は、太陽の通る道=黄道です。

地球を中心として、ぐるっと360度の円周が黄道となり、この黄道は12星座で、30度ずつ分割されています。

ホロスコープには各星座の0度~30度までのどこに、どの天体があるか、が記されています。

例えば、「月が乙女座の3度にある」(私の出生ホロスコープの場合)という表現をします。

 

 

 

 

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。