BLOGブログ

12
2019

12月3日(火)木星山羊座入り~集中力と継続力が鍵となる一年

 

こんにちは(*^^*)

 

ほしのめぐみです。

 

今週火曜日12月3日は、木星の山羊座入り、

 

という星の世界でのビッグイベントが起こります。

 

木星は「発展」と「成長」を促す惑星。

 

一つのサインを約1年で巡り、

 

一年間の流れや運勢などに関係します。

 

この木星の移動により、

 

世の中の全体的な潮流が変化していくでしょう。

 

射手座は、火のサイン、柔軟宮に属します。

 

射手座木星はオウンサイン※となっていたため、

 

特にストレートなパワーで

 

 “未知の世界への冒険とチャレンジ”へと

 

私たちを誘ってきました。

 

※オウンサイン:惑星が自らの支配するサインを運行すること。

 

そして、射手座の次のサインである山羊座は、

 

地のサイン、活動宮の星座。

 

これからの一年間は、山羊座的な意味を持つ

 

事柄と事象にスポットライトが当たっていきます。

 

山羊座は、「仕事・キャリア」「社会的責任」

 

「義務」「目標達成」

 

「成功」「管理能力」を司るサイン。

 

好奇心に従い、自由に世界を広げてきた射手座の世界観から一変し、

 

地に足をつけて、地道に目標達成のためにコツコツ努力を積み重ねる姿勢が

 

幸運と発展を呼び込むでしょう

 

射手座木星期の間(2018年11月3日~2019年12月3日)

 

見知らぬ世界を動き回り、様々な物にチャレンジしてきたのなら、

 

山羊座木星期は何か一つ二つに絞り込み、

 

そこにエネルギーを集中させていきことが大切な一年となります。

 

キーワードは「集中する」ということ

 

やみくもにあれこれトライする、というのではなく

 

これまで見聞を広めてきたものの中から

 

自分が積み上げていきたい大切なものや

 

本気で付き合いたい人を選択、選別していくタイミングなのです。

 

とは言うものの、一方で、単なる自由意志でのみ、

 

選別できる、というものでもない、というのが

 

実は今回の山羊座木星期の大きな特徴です。

 

何故ならば、現在、山羊座にはすでに冥王星、

 

土星が位置しているからです。

 

山羊座土星・冥王星はすでに社会の枠組みを大きく転換させ、

 

そして再構築する、という動きに作用しています。

 

個人レベルでは、土星・冥王星はスピリチュアル的に

 

「カルマ」を司る惑星であり、

 

人間の表面的な意志だけでコントロールできない、

 

大きな課題を人生に突き付けてきます。

 

あなたはすでに心の中で

 

「何故これを私がやらなければならないのだろうか」

 

と自問自答している事柄があるかもしれません

 

しかし、それは、真っ向から真剣に取り組むことによって

 

大きな成長と成果が得られる逃げられない課題。

 

「しんどい」と思えることにも

 

責任を持って成し遂げる姿勢を忘れなければ

 

星の恩恵の輝く一年となる、と

 

確信しています。

 

ほしのめぐみ

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索