• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 火のエネルギーの活性化~燃え盛る炎をどう扱うか?

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

火のエネルギーの活性化~燃え盛る炎をどう扱うか?

******************************

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

※ブログには載せていない「中期的な流れ」もメルマガではご覧いただけます(^^)

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

お問い合わせメール:info@hoshino-megumi.com

******************************

こんにちは(*^-^*)

 

ほしのめぐみです。

 

現在、獅子座を太陽、水星、金星が運行し、天王星、土星と合わせると5星が火の星座に集中しています。

 

これは、火のエネルギーが活性化している状態、「炎が燃え盛る」ようなイメージがあります。

 

この、燃え盛る炎の「熱」が、今、内側から感じられている方も多いようですが、皆さんはいかがでしょうか?

 

この炎のエネルギーは行き過ぎると、「怒り」「悔しさ」「嫉妬心」などの感情としてメラメラと燃え上がります。

 

このような負の感情は決して心地よいものではありません。

 

ですので、私たちがついつい抑圧しがちですが、本来感情はすべて自然なものであり、善悪もないものです。

 

深い感情は内面(潜在意識)からのお知らせです。

 

怒りや嫉妬心など感じた対象(相手)は、自分の鏡。

 

自分が抑圧している「本当はやってみたいこと」「こうなりたい、こうありたいという願望や欲求」・・・・

 

それらを、誰かがが素直に、またはストレートに表現しているように見えるときに、

 

「怒り」「嫉妬心」「悔しさ」などの感情が湧き上ります。

 

「怒り」「悔しさ」「嫉妬心」・・・

 

これらは自分が抑圧している「本当にやりたいこと」「なりたい姿」に関しての大切なメッセージを送ってきてくれています。

 

「本当の情熱を生きること」・・・

 

言葉で言うのは簡単ですが、「本当にやりたいこと」に踏み出すことに、私たちは、しばしば「恐れ」や「躊躇」「抵抗感」などを感じます。

 

或いは周りとの兼ね合いや遠慮などもあるかもしれません。

 

けれども、今出てきている、負の感情は、天が「前に進みましょう」という応援を送ってくれているからこそ出てきている、とも言えます。

 

火のエネルギーの活性化している時期としては、今年は2度目ですが、私自身も今、内側から、「炎」が活性化しているのを感じています(^^)

(注)一度目は牡羊座のシーズンです。

 

怒りや嫉妬心を、もっと自分らしい人生を「創造するためのパワー」とする、

 

そして、

 

抑圧していた願望を、今紐解き、解放し、それに向かって勇気を出して向かっていく、

 

そんな風に心を決めたところです(^^)

 

今日、本当は「8月の星の動き~火星の運行」について書きたかったのですが、全く違う文章になりました(#^^#)。

 

内側の炎は、やみくもに発散するものではなく、方向性をみつければ、建設的に人生を創るパワーや勇気として、活用できるものだと思います。

 

この獅子座のシーズン、もしも今、炎のエネルギーを持て余しているのなら、自分自身と向き合い、真の情熱の行き先を見極めてみることがおススメです(^_-)-☆

☆ほしのめぐみ☆

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。