• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 週間占い(8月15日〜21日)の更新☆「土星順行~惑星の周波数について」

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

週間占い(8月15日〜21日)の更新☆「土星順行~惑星の周波数について」

******************************

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

お問い合わせメール:info@hoshino-megumi.com

******************************

 

こんにちは(*^-^*)

 

ほしのめぐみです。

 

週間占い(8月15日~21日)を更新しました。

 

どうぞお楽しみください(^_-)-☆

 

⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆⋆

 

本日13日(土)より、3月下旬より逆行していた土星が順行に戻ります。

 

土星は「時間」を管轄する惑星です。

 

順行以後は、逆行期間中に、貯めてきた力が活かされていく、という感触があります。

 

これまでに地道に培ってきた経験が光輝いていく、脚光を浴びていくような流れが生まれるのではないでしょうか。

 

土星は、以前(昔?)は、「不幸」をもたらす天体、などと言われてきました。

 

現在、このような意味づけは、古い価値観だという捉え方が多くなってきているようです。

 

“Planets do nothing.”(惑星は何もしない)

 

とは、アメリカ心理占星術の重鎮であるノエル・ティル先生の言葉です。

 

要するに、時代と人々の感性、価値観・人生観、受け止め方により、天体の意味も変わってくるのだと思います。

 

私個人としては、惑星にも色々な周波数(波動の高低、エネルギーの質)があり、占星術家が、「惑星のどこの周波数とつながるか」ということがとても大切だと感じています。

 

例えば、地球にしても、様々な国、人が存在し、どこに焦点を当てるかによって、「地球の周波数」は変わってきます。

 

戦争を行っている場所に焦点を当てるのか、愛と安らぎを分かち合っている場所に焦点を当てるのかによって、地球の周波数の幅も大きいですよね。

 

その他の惑星にしても同じこと。

 

星の周波数にも幅があるのです。

 

占星術の基本はしっかり押さえながらも、どの周波数と同調するかによって星々の織りなすエネルギーの読み取り方は本当に変わってきます。

 

また、占星術家の言葉や文章表現も、その人の感性、精神性などが、その星の読み解きに大いに関係するでしょう。

 

さて、土星の順行に話を戻すと・・・

 

土星は、「メンテナンスの天体」という呼ばれ方もあります。

 

「メンテナンス(調整)を図る」という意味の他に、

 

「古いモノを削ぎ落とす」

「方向性を定める」

「具体的成果を出す」

「継続力を養う」

 

などの意味がある、と私は感じています。

 

時間を司る、という意味で、「伝統」「歴史」も土星の管轄ですので、私は土星の力を「老舗力(しにせりょく)」と表現することもあります。

 

土星=老舗力…..自分でもお気に入りの表現です(*^-^*)

 

さて、この順行に戻った土星は、火星と近づいて、24日(水)には「火星-土星」のコンジャンクションが射手座にて形成されます。

 

時間をかけてきた仕事(活動)に「熱」がもたらされる、

 

内なる情熱に方向性を定めていく、

 

というイメージが湧きます。

 

私も、「一過性でない情熱」をしっかりと見出し、9月以降の流れの“軸”としたいと思っています。

 

どうぞ素敵な一週間をお過ごしください(^_-)-☆

 

☆ほしのめぐみ☆

追伸:24日(水)「火星と土星のコンジャンクション」はとても大切なエネルギーを生み出す、と感じます。

これについては、また書いていきたいと思います。

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。