• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • (続)ほしの流☆「自分と向き合う方法」

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

(続)ほしの流☆「自分と向き合う方法」

先日書きました、 『ほしの流☆「自分と向き合う方法」』 の続きです。

 

自分と向き合う、とは、湧き上って来た感情を受け止めてあげること。

 

感情によって、様々な浄化・解放の方法がありますが、どんな感情にでも使えると思うのが、感情を言葉にして紙に書き出す、という方法。

 

また、感情は単体ではなく、複合的に重なり合っているもの。

「怒り」の裏には、「悲しみ」や「恐れ」があることも多いですね。

 

出てきた感情を紙に書いたら、受け止めて、感じてみる時間をとり、手放していきます。

 

その時に、最近私が良くおこなっているイメージワークがあります。

 

それは、「炎のイメージワーク」。

 

イメージの中で、その紙が燃やされ、煙となり、灰になっていく様子を描いていきながら、

感情を手放していきます。

 

火のエネルギーは、とても強い浄化の力がありますね。その力を活用しています。

( 実際の炎は、危険もありますので、ご注意を。)

 

そして、炎の色は、「ライラック色」が私のお気に入り。

 

様々な色の炎で試しましたが、紫は、もともと神聖で高い波動を持っている色。

紫に、ピンクが入ったライラック色は、愛のエネルギーも入っていますね。

 

さて、このようなイメージワークは、一種の「儀式」だと思います。

 

こういう作業を行うと、「手放した」実感があり、実際にスッキリ感が高まりますね。

 

イメージワーク・・・・やればやるほど、上手になってきますし、楽しみながら(?)自分の感情と向き合うことが出来る、と感じています。

 

Comments(2)

はじめまして。いよ缶といいます。
毎日更新を楽しみにしています。
きのう、「火の儀式」をしたところだったので、思わず書き込みました。

蜜蝋キャンドルのお店をしています。
蜜蝋キャンドルに火を灯すと、いらない不安がふーっと消えるような気がすることがあります。
それでもダメなときは、小さな紙に手放したいことを書いて実際に燃やします。
イメージでできたらもっと手軽ですね。
きのうは、ほんとにひどい感情が離れなくて苦しかったので、赤いペンで殴り書きして燃やしました。
すっきりしました^^

2014年2月1日 iyocan

いよ缶様

こんにちは!
コメントありがとうございます。
更新を楽しみにしてくださっているとのこと、とても嬉しいです(^^)。
ありがとうございます。

わ~、蜜蝋キャンドルのお店をされているのですか、素敵ですね‼
キャンドルも炎も、私、大好きです。

日々、火の浄化力を活用なさっているのですね。
イメージワークは、炎の色も自由ですし、電車の中や、お布団の中などでも出来るので、手軽ですが、
実際の炎はやはり強いでしょうね。

子供の頃から「炎」が好きでした。その思い出も、いつかブログに書きたくなりました。

コメントありがとうございました(^^)。

ほしのめぐみ

2014年2月1日 ほしのめぐみ

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。