• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 水星‐木星のトライン(120度)、火星‐冥王星のスクエア(90度)

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

水星‐木星のトライン(120度)、火星‐冥王星のスクエア(90度)

☆━━━━━━━━☆━━━━━━━━☆━━━━━━━━☆

★無料メールマガジン「星からの癒しと希望のメッセージ」(毎週月曜日配信)

星の配置と運行から、今週のテーマを愛と励ましに満ちたガイダンスとしてお届けします☆登録/解除はコチラから☆↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

★2-3月個人セッション【満席】

★占星術講座【満席】:次回募集は春以降となります。

★お問い合わせメール:info@hoshino-megumi.com

☆━━━━━━━━☆━━━━━━━━☆━━━━━━━━☆

 

こんにちは(*^^*)

 

ほしのめぐみです。

 

今日22日(水)は、「水星‐木星」のトライン(120度)、

 

そして、「火星‐冥王星」のスクエア(90度)が

 

ピーク(オーブ0度)となります。

 

この「火星‐冥王星」の結び付きは、双方とも社会的力の発動に関係し、

 

意識的になることで、より良く活用できる星の配置です。

 

心理占星術では、火星は「行動欲求」を表します。

 

牡羊座を運行している火星は、オウンサインということでとてもパワフルな状態。

 

行動意欲が増す一方で、客観的知性(水星‐木星)をもとに、

 

その意欲の根底にある「動機」を見つめることが、促されています。

 

過去から繰り返されてきた感情や思考のパターン、そして

 

誰かや何かへの反動や反感、対抗意識から行動を起こそうとしているならば、

 

気づき、意識化することで、それは変容する、というメッセージです。

 

火星と冥王星がコンタクトするときのそれぞれの度数は、牡羊座と山羊座の18~19度。

 

これは、「ハイアーセルフとつながり、共に歩んでいく」という意味を含んでいる度数です。

 

目の前に幾つか選択肢があり、行くべき道、行動を起こす方向性に迷いがあるのなら、

 

まずそれぞれの「動機」を確認してみることが功を奏するでしょう。

 

本当の強さとは内側から、そして中心から湧いて来るものではないでしょうか。

 

根底の動機を見つめて、アクションにつなげていきたいタイミングです。

 

☆ほしのめぐみ☆

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。