• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 金星が牡羊座へ移動、水星と天王星の合(0度)

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

金星が牡羊座へ移動、水星と天王星の合(0度)

☆━━━━━━☆━━━━━━☆━━━━━━☆

★4-5月個人セッション【満席】:次回お申し込みは5月下旬を予定しています。

個人セッションのご案内:「ホロスコープリーディング」

「ホロスコープ+ソウルメイトリーディング/バイオリズムリーディング」

☆━━━━━━☆━━━━━━☆━━━━━━☆

お問い合わせメール

☆━━━━━━☆━━━━━━☆━━━━━━☆

 

こんにちは(*^^*)

 

ほしのめぐみです。

 

26日(水)の牡牛座新月を経て、月のサイクルでは、

 

5月11日の蠍座満月へ向けて満ちていくサイクルとなります。

 

・関連記事「26日は牡牛座の新月(12星座別キーワードメッセージ付)

 

さて、本日28日金曜日は、金星が牡羊座へと移動、

 

そして今晩から明日にかけて水星と天王星が牡羊座26度で重なります。

 

金星は、順行→逆行→順行という動きにより、

 

この牡羊座前半度数を運行するのは、今年3度目です。

 

ここは、12サインのストーリーが始まる場所で、生まれたばかりの意識が世界に初めて息を吹き込むところ。

 

「無から有を生み出す潜在的なパワーにあふれている地点」ということで、

 

フレッシュな気持ちで、純粋にチャレンジや活動を楽しむこと(金星)がサポートされるでしょう。

 

一つのサイン(星座)というのは、30度までありますが、

 

現在逆行中の水星と天王星が、牡羊座の26度で、

 

今晩から明日にかけてコンジャンクション(0度で重なる)を取ります。

 

これも、水星の逆行により、今年は2度目。

 

さらに、5月4日(木)に水星が順行に戻ったのち、

 

ちょうど5月11日の蠍座満月の頃に同じ配置が3度目に形成されます。

 

自分流の生き方を貫くこと」が強く促されている配置です。

 

人と違うことが好きだったり、やりたかったりする自分を、自分自身で支える、

 

ということが求められています。

 

「自分に負けない」という言葉がありますね。

 

これは、しばしばフィギュアスケートの選手や、

 

アスリートの方々が口にされています。

 

独自の道を行こうとする時に、一番の課題となるのは、本当は、世間の声でも他人の口出しでもなく、

 

自分自身の中にある恐れなのかもしれません。

 

変わり者になることへの恐れや、周りから理解されない恐れ・・・

 

または、恥をかく恐れなども含まれるかもしれません。(チャレンジや行動を起こさなければ、恥をかくこともないですね。)

 

牡羊座26度は、「あふれるほどの才能とギフト」を意味する度数ですが、

 

これは、恐れを乗り越え、自分独自の道を行く先に、可能性が開花していくことを象徴しているようです。

 

恐れは悪いものでも否定されるべきものでもなく、

 

自分についてたくさんのことを教え、気づかせててくれます。

 

まずは自分はどんな恐れを持っているのか、意識の深層を照らし見つめていくことも、今後の自己変容の一助となるでしょう。

 

☆ほしのめぐみ☆

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。