• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 1月2日(火)蟹座♋の満月~感情的な縛りから‟自由”になる

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

1月2日(火)蟹座♋の満月~感情的な縛りから‟自由”になる

☆━━━━━━☆━━━━━━☆━━━━━━☆

★「占星術講座」:次回募集は1月下旬予定です。

☆━━━━━━☆━━━━━━☆━━━━━━☆

お問い合わせメール: https://www.hoshino-megumi.com/contact

☆━━━━━━☆━━━━━━☆━━━━━━☆

 

こんにちは(*^^*)

 

ほしのめぐみです。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします(^^)

 

さて、明日1月2日(火)は今年初めの満月です。(満月時刻午前11時24分)、

 

月の守護するサイン、蟹座にて起こり、

 

さらに地球の近く(近地点)で起こるスーパームーンということで

 

月の象意が強調されるパワフルな満月(^^)

 

満月は月のサイクルで「完成、成就、結実」を表します。

 

蟹座のテーマは以下の通りです。

 

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

【蟹座のテーマ】

~共感力、感受性の豊かさ、守る愛、受容、家庭、身内、絆、インナーチャイルド、ノスタルジー、過去の記憶etc.~

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

 

今回の満月は、第4ハウスにて起こっています。

 

第4ハウスは、蟹座の定位置のハウスで、

 

「家族」「家庭」「プライベート」「人生の基盤」などを表す場所。

 

お正月、実家に帰省したり、家族で過ごしていたりする方も多いときですが、

 

ちょうど星の動き的にも、家族に関連したテーマが提示されています。

 

2018年1月2日蟹座満月

 

 

定位置で起こる満月に加え、前述した通り、オウンサインで起こる満月、そしてスーパームーンと、

 

二重、三重に渡って「月」のパワーが強化されているときです。

 

注)オウンサイン:惑星が守護するサイン(星座)に位置すること。月の守護するサインは蟹座。

 

「月」は、「感情、心の癖、潜在意識、内なる子ども、母性愛、体質」などを表す天体です。

 

満月は太陽と月が180度で向かい合う(オポジション)タイミングですが、

 

今回は太陽(山羊座)の両脇に冥王星と金星が寄り添っている配置。

 

そして、海王星(魚座)、火星(蠍座)、月(蟹座)で、水のグランドトライン(120-120-120)がゆるく出来上がっています。

 

子供のころからのわだかまっていた感情、

 

幼少期から積もり積もった感情に、

 

癒しと変容が起こるとき。

 

肉親、兄弟姉妹や親せき、幼なじみなどとの関係性から生じた、

 

トラウマに気づき、心が揺さぶられている最中の方も多くいるかもしれません。

 

潜在意識の奥底に凍結していた過去の感情がよみがえったなら、

 

それは、“癒しと解放”のチャンス。

 

潜在意識の癒しを通じて、私たちは、もっと高い次元と結びつくことが出来ます。

 

それを「変容」と呼びますが、水のグランドトラインは、

 

多大な癒しのサポートを促してくれています。

 

またこの日、さらに注目すべきなのは、天王星が逆行を終了し、順行を再開すること。

 

これは、どんな場合でも自他の「自由、独立心、尊厳」を守ることを強化してくれる星の動きです。

 

新しい自分で生きるために、

 

痛みを自ら抱きしめ、受け入れること。

 

自分も含めたすべての関係者を赦そうと努めること。

 

赦せない場合は、赦せない自分と状況をそのまま赦すこと。

 

赦すことは、お互いを自由にする、ということでもあります。

 

自由が、私たちを、表面的なものではない「本当の調和と平安」へと誘(いざな)ってくれるでしょう。

 

2018年前半、「変容」は一つの大きなテーマであり、

 

今後3年間の土台と基盤ともなる「変容」が起こっていきます。

 

今年最初の、この満月は、感情的な縛りから自由になる最適なタイミングです。

 

☆ほしのめぐみ☆

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。