• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 1月17日(水)山羊座♑の新月~「冬至時点の決断に基づいて実行していくとき」

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

1月17日(水)山羊座♑の新月~「冬至時点の決断に基づいて実行していくとき」

☆━━━━━━☆━━━━━━☆━━━━━━☆

★「ほしのめぐみ占星術講座」のご案内★

 宇宙の流れを知る、そして人生を生きるツールとして

 「ホロスコープリーディング」を学んでみませんか?

 わかりやすく丁寧、と好評の「占星術講座」、

 次回募集は1月下旬予定です(^^)

☆━━━━━━☆━━━━━━☆━━━━━━☆

お問い合わせメール: https://www.hoshino-megumi.com/contact

☆━━━━━━☆━━━━━━☆━━━━━━☆

 

こんにちは(*^^*)

 

ほしのめぐみです。

 

新年が明けてから約2週間が経ちました。

 

今は、占星術の10天体がすべて順行しており(逆行している天体が無い)、

 

時間の流れが特に早く感じる時だと思います。

 

さて、明日1月17日(水)は今年初めの新月です。(新月時刻午前11時17分)、

 

新月は、月のサイクルで「過去のリセット&新しいスタート」を意味します。

 

山羊座のテーマは以下の通りです。

 

☆~☆~☆~ ☆~☆~☆~☆~ ☆~☆~☆~☆~ ☆~☆~☆~☆

【山羊座のテーマ】

~自立、責任、社会的成功、具現化力、リーダーシップ、功績、時間、歴史、伝統、父性、権威~

☆~☆~☆~ ☆~☆~☆~☆~ ☆~☆~☆~☆~ ☆~☆~☆~☆

 

 

今回の新月は、山羊座に6天体が集中している形で起こり、

 

 

新月は、金星、冥王星に挟まれ、第10ハウスに位置しています。

 

 

2017年1月17日山羊座の新月

 

 

 

10ハウスとは、そもそも「山羊座の定位置」で、

 

 

山羊座のエネルギーが最も活かされやすい場所、ということが言えます。

 

 

第10ハウスは、「社会的使命」「役割」「天職」「成功」「ステイタス」という言葉がキーワード。

 

 

これらのテーマに関して、意識の深層からやってきた望みをくみ取り、

 

 

新しい目的を見出していくことが求められています。

 

 

昨年12月には、山羊座に土星が入り、その直後、冬至(2017年12月22日)となりました。

 

 

その頃に、何か意識の変化があった人、

 

 

迷っていることに何らかの結論を出した人、

 

 

これからの方向性に一つの道を見出した人など

 

 

それぞれいたかと思います。

 

 

今回の山羊座新月では、その12月末ごろに出した“決断”に基づいて、

 

 

プランを実行していくことが促されるでしょう。

 

 

星の動きと共鳴し、自ら、動いていく気持ちがすでに高まっている人も多いと思います。

 

 

出来ることから一歩一歩進む、行動を積み重ねていくことがサポートされています。

 

 

そして、さらに言うならば、これは、土星が山羊座を去る約2年半後(20207月)にまで通じる決断と実行となります。

 

 

また、新月図の大きな注目ポイントは、

 

 

冥王星がMC(ホロスコープの最上点)に重なっていること。

 

 

冥王星は宇宙意識とつながっている天体で、

 

 

時間をかけて人類に、「後戻りできない徹底的な変化と変容」をもたらします。

 

 

前述したように、山羊座土星の期間は2020年7月までですが、

 

 

この土星は、やはり山羊座を運行している冥王星と2020年初めに

 

 

合(0度/コンジャンクション)となります。

 

 

その頃までには、今の自分が想像できないような変容が成し遂げられ、

 

 

「全く新しい自分」になっているのではないでしょうか。

 

 

今年最初の、この新月は、その土台を踏み固める第1歩を踏み出すことをサポートしています。

 

 

☆ほしのめぐみ☆
*関連記事:「今週(1月15日~21日)の星回りからのメッセージ~木星-冥王星のセクスタイル(60度)、山羊座の新月、etc.

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。