ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

信念(思い込み)を書き換える

 

自分がなぜかいつも繰り返してしまうパターンが、関係性や仕事、様々な人生の領域で、あるとした

ら、それは、「信念(思い込み)」というものが裏に潜んでいる可能性があります。

ここで言う信念とは、潜在意識の中で、思い込んでしまっている概念や考え方のこと。

(以下、簡単に「思い込み」と書く事にします。)

 

自分の思い込みに気づいたら、その時が手放すチャンスです。

「 手放すステップ 」「 (続編) 」にも書いたのですが、自分を見つめて、どんな思い込みを自分が持

っているのか、まずは「気づく」ということがとても大事。

 

ですから、嫌なパターンを繰り返してしまうことがあったら、自分がどんな思い込みを持っているのが、

自分を見つめてみよう、ということになります。

そして、思い込みに関しては、手放す時に、「書き換え」をしていきます。

 

思い込みとは、自分で無意識に「信じ込んでしまっている思い」、「決めてしまっているストーリー」なの

で、自分で書き換えていくことが可能なのです。

私の例を挙げると、自分が生徒か部下のような立場になった時、以下のような思い込みが見つ

かったことがありました。

( 「ワクワクする事が義務感に変わった時」 「続編」参照 )

 

例)「相手(先生)の期待に答えられるように頑張らなければならない」

 

これを書き換えてみると、

→「相手の期待に答えようと無理して頑張らなくていい」

→「自分の本音を大切にしていい」

→「ありのままの自分でOK」

等々…。

 

この場合、軸が他人(相手)に行ってしまっているので、自分軸に戻すような「書き換え文」となりました。

強い思いこみの場合は、出てくるたびに何度もこの書き換えを繰り返していくことが必要になります。

 

思い込みを書き換えていくことは、ありのままの自分を見つめ大切にすることでもありますね。

そして、現実の人生を、自分らしい流れに沿って創っていく力になっていく、と思います。

 

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。