BLOGブログ

11
2019

水星逆行(11月1日~21日):本当の欲求を知り、自分軸を強化する

こんにちは(*^^*)

ほしのめぐみです。

11月1日(金)より水星が逆行します。(21日迄)

水星逆行は今年3月、7月とあり、

今回は3度目。

水星の司る「移動」「コミュニケーション」

「通信」等に関して遅れや停滞が起こりやすい、

といわれています。

この時期は書類の数字のミスや伝達ミスなどが

増えるような実感があります。

すべてをコントロールできませんが、

出来る範囲で注意を行いたいものですね。

さて、今回水星は、蠍座27度から11度まで戻り、

その間、冥王星、土星、海王星と

調和の角度を取ることが特徴的。

蠍座は“再生”と“復活”を意味するサイン

過去の体験やモノを整理し、見直すことで

未来につながる“掘り出し物”が見つかる予感があります。

縁が切れたように見えた関係性に関しても、

復活する可能性もあるでしょう。

また、隠れた「欲」と向き合う

というのも蠍座のテーマ。

この水星逆行の期間、

“本当に自分が欲しいと思っているもの”を

再度見直してみることも促されているようです。

というのも、来年初めには、

山羊座運行中の冥王星と土星とが、

オーブ無しでピッタリと重なる(コンジャンクション)

というパワフルな配置が待っているからです。

さらに12月に山羊座に入る木星も

4月には冥王星と重なります。

社会的に大きな変化や転換が起こるときであり、

それは個人個人の人生にも大きな影響を及ぼします。

2020年は、山羊座に司る「仕事」「キャリア」

「社会的役割」という分野において

特に揺さぶりがかけられたり、

大きな決断が迫られたりするのかもしれません。

この水星逆行期間、

自分の本当の欲求を探り、

自分軸を強固にしていくことが

来年の大転換期を通過していくための

方策の一つとなるように思えます。

☆ほしのめぐみ☆

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索