ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

(続)「遊ぶこと」について

 

先日のブログ、「遊ぶことについて」の続きです。

 

まず、先週、公園の砂場に行った時のお話から。

 

私の娘は、砂で熱心にお団子を作って、並べていたのですが、そこに多分一歳半くらいの、まだまだよちよち歩きの女の子がやってきました。

 

その小さな女の子は、瞳をキラキラさせて、次から次へと、娘が作った砂のお団子を壊し始めました。

 

その位の年齢だと、自分に砂がかかっても、服が汚れても、まったく気にしないものですよね。

 

むしろ、砂が自分にかかるのが、楽しそうです。

 

そして、本当にうれしそうに砂団子をくずして、キャッキャッと声を立てて喜んで笑っていました。

 

私は、そんな女の子の様子を眺めながら、こう思ったのでした。

 

本当に、子どもの時は、ただ遊びたいから遊んでいて、ただ楽しいから遊んでいたんだなあ、と。

 

他に、目的は何もないものなんですよね(笑)。

 

今日も、「遊び」について考えを巡らせていましたが、ふと、棚にある岡本太郎さんの著作、

『美しく怒れ』(角川Oneテーマ21)を開いたところ、まさに「遊び」について書かれた章がありました。

 

(以下、「美しく怒れ」より引用)

『幼い子の無限とも思えるエネルギーは、次々と新しいことに熱中して、今までのことを

 

放り出していく、あの無邪気な自由さからふき出してくるのかもしれない。

 

これは人間にとって、とても大事な事だと思う。

 

つまり、“何々のために何かをする”のではなくて、無条件、無償の生命力の輝き

 

凝滞(ぎょうたい)なく動きながら、瞬間瞬間、喜びが満ちあふれる生き方だ。』

 

もしかしたら、子どものように無条件に遊んで、自由に楽しんでいる時に、最もいのちの喜びの濃度が濃いのではないだろうか…と感じました。

 

そして、最近は「遊び」とか「自由自在」という感覚が、実はおざなりになっていたかも…と自分の身を振り返りました。

 

もっと生活の中にゆとりを持って、「遊び」や「子供のような無邪気な自由さ」の感覚を取り戻していきたいものだなあ…と思います。

 

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。