• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 今週(4月14日~20日)の星の動きから感じること

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

今週(4月14日~20日)の星の動きから感じること

 

こんにちは!

ほしのめぐみです。

 

今日は、今週の星の動きや配置などから、感じ取れることなどお話します。

 

昨日もちらっとブログに書きましたが、今週は、明日15日(火)を中心に

星同士のコンタクトが盛りだくさんな一週間です。

 

その中でも、注目したい星のコンタクトについて。

 

ホロスコープ(星配置図)では、牡羊座に3星(太陽、水星、天王星)が位置していて、

 

牡羊座のちょうど180度真反対側の星座である天秤座に2星(火星、月)が入っています。

 

そのラインをちょうど直角に横切るように、蟹座の木星と山羊座の冥王星が

 

180度のラインで結ばれています。

 

つまり、天空上で、大きな十字の形が出来上がっています。

(専門用語では、グランドクロス=大きな十字形といいます。)

この形を作っている4星座は、牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座です。

 

この4星座は、占星術でも、「季節の始まり」を司る星座として、重要視されています。

 

牡羊座は「春」の始まり、蟹座は「夏」の始まり、天秤座は「秋」の始まり、山羊座は「冬」の始まりをそれぞれ担っています。

 

さて、この形から、私が感じる事はまず、私たちは、今、大きな「転換点」にいる、ということ。

 

そして、今まで内側にためていたもの、内側に隠されていたものが、勢いよくポンッと生まれ出たり、飛び出したりするようなイメージです。

 

でも、主体はあくまでも「自分」。

 

自分から、外に向けて「自分らしさ」を表現していこうとするような能動的な動きです。

 

この機会を活用していくため意識してみたいテーマは「新しい自己表現」。

 

「新しい自己表現」とは、私にとって何か、というと、それは、

 

自己主張ではなく、自己表明(じこひょうめい)

 

「主張」という言葉には何か、「自分の正しさを認めさせる」というよう他者への押しつけ

のニュアンスが含まれているように感じるのです。

 

なので、これからは、私は「自己表明」という言葉を使いたい、と思っています。

 

「自己表明」とは、自分自身をただ表明し、「自分が何者であるか」を、たんたんと外に表し、明らかにする、ということ。

 

また、次の機会にでも、この、新しい自己表現である、「自己表明」について、深くお話していきたいと思います。

 

☆ほしのめぐみ☆

 

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。