• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 滞在日記~ハンブルグ~② 時間の流れ

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

滞在日記~ハンブルグ~② 時間の流れ

ハンブルグは天気が変わりやすい毎日。

季節の変わり目で雨が多い。人々ももう秋の装いだ。

地元のお祭りの時も雨

地元のお祭りの時も雨

近くの森を散歩しても、ひんやりとした空気が感じられる。

蝉の声は聞こえない。

森の小道

森の小道

ここでは、ゆったりとした時間を満喫している。

 

「立ち止まり何もしないでいる事で、初めて時に支配されず、あらゆる束縛から心が解放され、本当の時間の流れを感じる事が出来るのです。」

――ドミニック・ローホー著「ゆたかな人生が始まるシンプル・リスト」より

 

時間というのは本当に不思議だ。

 

楽しくてあっという間に過ぎるように思う時もあれば、何かを待ってじりじりしている時などは、時間はなかなか進まないように感じる。

 時間というのは、「感じるもの」なのかもしれない。

そして、「味わう」ものなのだろう。

 ゆったりとした時間を過ごしている時は、急いでいる時よりも、一瞬一瞬に意識を預けて、自分の五感や心で、周りの世界にあるものを受け取っている。

 心が充実する、そして満たされた感覚だ。

何かに没頭して打ち込んで、何かを達成する時の感じとは違うものだ。

何かに打ち込むときは、自分のエネルギーをその対象に注ぎ込んでいるわけだが、ゆったりとしている時は、エネルギーを充填(じゅうてん)している、という事だから。

充実感ではなく“充填感”と言った方がいいかもしれない。

エネルギーをずっと外のものに注ぎ込み続ける事は出来ない、と思う。

だから、このようなエネルギーを受け取る「空白の時間」が私にとっては(きっと皆にも)必要で大切だ。

 「空白の時間」と言っても完全に何もしていないわけではなく、空気の澄んだ森の中を家族でのんびりと散歩して、池にいるカモに餌をやったり、草花を観察したり。

カモの兄弟

カモの兄弟

森の中で花の観察

森の中で花の観察

ふと、時間の流れも川の流れのように、緩やかな場所、滝のように速くて集中する場所、いろいろあるのだ、と気づいた。

集中して何かに取り組む時間の達成感。

のんびりとリラックスする時間の解放感。

そう、時間も「緩急」が大事なのだ。

子供を産む前はいつも何かに向かって生き急いでいたなー、と自分を振り返る。

でも、焦ってもなかなか前に進めなかったし、進まなかった。

時間の流れの緩急をこれからはもっと楽しんでいこう。

そうすると人生全体の彩りもゆたかになっていくような気がする。

ハンブルグで過ごした時間が、そんな事を私に気づかせてくれた。

そして、エネルギーを充填して、新たな気持ちで、日本の日常に戻れる事に感謝の気持ちで一杯になった。

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。