BLOGブログ

03
2020

3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性

こんにちは(*^^*)

ほしのめぐみです。 

本日3月20日(金)は春分

占星術では太陽が牡羊座に入り、

一年のスタートを意味します。

春分図とは、太陽が牡羊座0度に

ちょうど位置している時点のホロスコープのことで

これからの一年の流れを示すもの

アセンダントは蟹座29度。

MCは牡羊座17度。

太陽は第9ハウスに位置しています。

今、目に見えないウィルス

というものに翻弄され

様々な不安と恐れの中で

行動を制限されている私たちですが

独立心を高め

自由に創造力を働かせる試みが

新しい世界を築く第一歩になる

という暗示があります。

これまでの生活が送れず、

家にこもっているからこそ

出来ることがあるはず、

という“発想転換”が

一つの重要なキーワード。

また、山羊座を運行する冥王星、土星、

木星、火星がディセンダント付近で重なっています。

私たちの働き方、仕事環境、

そして人との関係性のあり方が

これからの一年、否応なく

大きな変化に見舞われるでしょう。

話が少し変わりますが、

22日には山羊座の土星は水瓶座に移動し、

年末には土星と木星のコンジャンクション(0度)が

その水瓶座にて起こります。

これは20年に一度の

大会合(グレートコンジャンクション)

と称されるビッグイベント。

さらに、これまで200年間、

地のサインで起こって来たものが

風のサインで起こることで、

地の時代から風の時代へ

という意味合いがあります。

物質優先の時代から、

本当の情報化、ネットワーク社会へと

移行する、という、

この大変動の時代に

どう未来を創るのか。

この春分は、

これまでの活動が停止することで

生まれてくる新しい可能性の芽を見出す。

そして新たな発想を元に、

今の困難や苦境を

何らかのチャンスと捉え、

出来ることから行動をおこしていく、

というタイミングとなるでしょう。

ほしのめぐみ

最新記事

占星術ミニ講座~12サイン(星座)について~
2020.06.30
5月7日(木)蠍座満月~全く新しいステージが見えてくる変容期
2020.05.07
4月8日(水)天秤座満月~新たな未来のために最善を探るとき
2020.04.07
3月20日(金)春分~大変動の時代の狭間:活動が停止することで生まれる新たな可能性
2020.03.20

カテゴリー 一覧

記事検索