• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 子供時代に好きだった物語:『わたしがふたりいた話』

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

子供時代に好きだった物語:『わたしがふたりいた話』

 

精神科医のエリック・バーンが創始した交流分析。

その考え方の一つに「人生脚本」というものがある。

「人生脚本」とは、人が、幼い子供の頃に決めている、人生のあらすじと結末。

簡単に言えば、無意識の人生計画のことだ。

前に、交流分析を学んだ時、自分の人生脚本を知るために、脚本チェックリストを行った。

そのチェックリストにこんな質問があった。

 

「子供時代に好きだったおとぎ話は覚えていますか?」

 

子供の頃、好きだったおとぎ話は、「人生脚本」に多大な影響を与えるそうだ

私が、その時に即座に思い出したのが、タイトルの『わたしがふたりいた話』(手島悠介著、講談社青い鳥文庫)。

小学生向けの児童書で、小学3年生の女の子が主人公の物語だ。

タイトルの通り、まったく同じ「わたし」が二人いる、というお話だ。

(以下、ごく簡単なあらすじ)

友達との付き合い方や、先生やクラスのこと・・・誰にも話せない悩みを心の内に秘めていた主人公の女の子。

自宅に一人でいる時に、冗談半分に自分の家の電話番号を回してみた。

そうしたら、まったく同じ名前の、同じ市に住む、同じ名前の小学校に通う、女の子が電話に出たのだった・・・

それは、「もう一人のわたし」だった!

2人は、まったく同じことで悩んでいて、いろいろなことを打ち明け合う・・・

 

このお話を読んだ時、まったく同じ「もう一人のわたし」がいたら、どんなにいいだろう!

と、本当に主人公がうらやましかったのを覚えている。

「もう一人のわたし」がいたら、どんなことでも、気遣わずに、さらけ出せるのに・・・。

私には、小学生の頃に、両親や家族に、心の内側の一番繊細な部分をさらけ出し、聴いてもらったという体験がほとんどない。

だから、こんな願望が生まれたのだと思う。

 

そして、数十年後の今、私はセラピストとして活動している。

「わたし(=セラピスト、大人の自分)」は、

「もう一人のわたし(子供の自分、心の内側に住んでいる自分」と対話していく、ということを、

これからもっと大切にしていきたいと思う。

何故なら、

「もう一人のわたし(子供の自分)」は、

もっともっと「わたし(大人の自分)」に話を聴いて欲しがっている、

という気がするからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。