ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

「言葉」への気づき

「アバンダンスプログラム~22日間で豊かさを得るプログラム」で豊かさについて学んでいる最中です。

このプログラムについては、ブログでも前にご紹介しました。

参照:「アバンダンスプログラムで豊かさについて学んでいます

感謝のワーク

 

プログラムに従って、毎日ひとつエクササイズをこなしていっています。

今日は「言葉とコミュニケーション」。

自分がよく使う言葉で、自分を「制限している」と思う言葉をすべて書き出していく、というものです。

そして、一通り書き出した後に、制限の言葉を線で消して、前向きな言葉に書き換えます。

例えば、「~できない」 → 「喜んで取り組んでみる」

という具合です。

言葉には力がある、ということで、ポジティブなアファメーションや言葉かけなどを行っています。

が、これはそういうものとは別に、普段の会話で使っている言葉を思い出す、というものです。

日常会話や、心の中で無意識的につぶやいている言葉をチェックしてみました。

前述の「できない」や、「~しなければならない」「~しなければダメ」、そして「~は無理」「~はむずかしい」等々、結構たくさんの制限している言葉を使っていることを発見しました!(^^)!

そして、前向きな言葉に変換します。

例)「しなければならない」→「~することを選ぶ」「してもしなくてもいい」「ゆるく、いいかげんでOK]

 

自分の完璧主義の傾向は知っていましたが、改めてそのような言葉が多いことに気づきがもたらされました。

このブログでも時々書いていますが、すべて(変容)は「気づくこと」から始まります

そして、先日、「自分のことはわからない」というブログにも書きましたが、人間は自分のことはわかっているようで、わかっていないもの。

普段しゃべっている言葉こそ、無意識の中の、自分の可能性を制限するような信念や価値観が、そのまま反映されているんだなぁ、と理解できました。

たくさんの「気づき」を与えてくれたパワフルなエクササイズでした☆

 

 

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。