• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 上弦の月、8日皆既月食、静かなる変容への流れ

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

上弦の月、8日皆既月食、静かなる変容への流れ

今日は、山羊座での上弦の月です。

上弦の月は、満月に向けて物事の動きが拡大していくタイミング。

そして、山羊座は、「仕事、天職」を司る星座です。

このテーマに関して、目標や願い事が自分の本心とずれていた場合には軌道修正や調整が必要な時です。

また、山羊座は「父性、父親(的存在)」も意味しますので、父親との関係性に関するテーマも浮上してくることもあるでしょう。

そして、今日から、一週間後の10月8日の満月は、皆既月食(かいきげっしょく)です。

この8日のホロスコープを見ると、かなりパワフルな星の配置になっています。

 

注)皆既月食・・・月が地球の影に完全に隠れる現象。

 

今は、静かながらも8日の皆既月食に向けて、変容を促す流れを感じています。

そして、その流れの中、潜在意識にもゆさぶりがかけられて、古い想念や感情を解放するようなエネルギーが注がれているようです。

そして、この流れに沿っての、私の目下のテーマは「自分の本心を見極める」ということ。

自分の本心、本音で生きるためには・・・まず、その本心はどこにあるのか??見極めない事には、何も始まりませんね。

本心を曇らせていたような古い想念、感情も気づきやすい時期ですし、また身体の不調などからメッセージが発信されている場合もあるようです。

身体からのメッセージも大切に受け取り、必要であれば、十分な休息を取りたいですね。

8日皆既月食に関しては、また書いていきたいと思います☆

 

 

 

 

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。