• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 女性的な強さとは?~映画『シンデレラ』を観て

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

女性的な強さとは?~映画『シンデレラ』を観て

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】が出来ました!

いち早く、星々からのメッセージをお届けして行く予定です☆

ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

***************

個人セッションのご案内はコチラです→ 【 個人セッションのご案内 

お問い合わせinfo@cocorono-salon.com

***************

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

 

ゴールデンウィークが始まっていますね!

いかがお過ごしでしょうか?

 

私は昨日、娘(小3)とその友達と一緒に話題の映画『シンデレラ』と同時上映の『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』を観に行きました!

 

『シンデレラ』の中で、最初に印象に残ったシーン、それは、シンデレラが、森の中で、初めて王子と出会うところでした。(多分ここは原作にはなかったと思います)

生き物の気持ちがわかるシンデレラは、狩猟に来ていた王子様とは知らずに、‟動物を殺すこと”に関してはっきりと自分の意見を言います。

 

シンデレラがとても堂々とした輝きに満ちている場面です。

 

また、「シンデレラ・ストーリー」というすっかり定着している言葉は、可哀想な女の子が「玉の輿に乗る」といったイメージを想起させますが、この映画の中のシンデレラは、もっと‟女性的な強さ”を持った人物として描かれているように感じました。

 

女性的な強さ、とはたとえば、

「勇気と優しさ」を大切に、という、亡くなったお母さんの‟遺志”を、自分の主体的な‟意志”に換え、実践している強さ。

そして、継母や義理の姉たちのいじめやひどい扱いを、受け入れ、ゆるす強さ、のことです。

 

優しさやゆるしは、女性的な強さ、なのだと思います。。

 

そして、魔法をかけてもらって、宮殿に行った時の、ブルーのドレス姿のシンデレラも、もちろん素敵でしたけれど、王子が最後に迎えに来た時に、薄汚れた服のままでも、‟ありのままで”、凛として立っている姿が、とても美しかったです!

内面からの「勇気と優しさ」のオーラをまとっている姿に、美しさを感じました。

自分の真実の姿を、受け入れ、外に放っていくのは、勇気と優しさ、女性的な強さがあるからこそ、出来ることなのだなあ、と思います。

 

娘は、意地悪な継母がリアルで、とても怖かったみたいですが、魔法でカボチャが馬車に変わるシーンなど、見どころも盛りだくさんの映画でした!

 

ゴールデンウィークは、私は近場や都内で楽しむ予定(^^)

皆様、楽しいゴールデンウィークをお過ごしくださいね☆

 

☆ほしのめぐみ☆

 

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。