ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

「楽しむこと」≠「楽をする」

******************************

こんにちは(^^)

ほしのめぐみです。

今日のテーマは「楽しむこと」について…。

皆さんは、「楽しむこと」は得意ですか?

実は、私たちは自分が思っているよりもずっと、「楽しむこと」は苦手のようです。

楽しんでいる、と思っていても、無意識のうちに、いつの間にか「他人の期待に応えよう」としてしまったり、「誰かに認められよう」と頑張ってしまったりしまうことも多いものなのですね。

私たち日本人の集合意識の中には、とにかく「努力」や「頑張ること」などが染みついているのかもしれません。

また、「楽しむ」ことの本当の意味は、「楽をする」ということではないのですが、「楽」という共通している漢字のためか、「楽しむこと」=「楽をする」と、誤解を呼びやすいですね。

このことも、「楽しんではいけない」という制限に関わっているような気がします。

 

(『どうせなら、楽しく生きよう』 渡辺由佳里著、飛鳥新社 より引用 )

『 オリンピック選手が「楽しんできます」と言うと、日本では必ず非難する人が現れます。

「楽しむこと」を「楽をする」と誤解し、ひいては「怠けている」と曲解し、「税金を使って観光旅行か!」ととんでもない批判を浴びせるのです。

やりたくないことを歯をくいしばってやらなければ、それは努力ではない。

そう信じている人は驚くほど多いようです。

けれども、スポーツであれ、芸術であれ、仕事であれ、学問であれ、上達し、結果を出すことへの近道は「夢中になること」なのです。

夢中になっている本人にとっては、仕事と遊びの境界線はほとんどありません。

寝ても覚めてもそのことが頭から離れず、食べる時間も惜しくてたまりません。

それが「楽しい」という感覚ですから、「怠ける」とは正反対なのです。』

 

上記の文章を読んで、私は、「楽しむこと」= 「夢中になること」なのだろう、と思いました。

そして、実際には夢中になってやっていることでも、何らかの努力(のようなこと)はたくさんしているはずですね。

ピアノやアイススケートなどで天才と呼ばれるような人たちでも、全く練習をせずに素晴らしいパフォーマンスが出来るようになる、ということはないのですから。

 

「自分の本質に沿って、好きな事に夢中になること」

 

これが「楽しむ」ということの極意なのだと思います。

昨日の晩は新月でしたが、新しいスタートを象徴する新月の日に、私は、もっともっと「人生を楽しむ」と決め直しました(^^)

結果はどうであれ、ただ好きな事に没頭して夢中になること・・・

そんな風に生きれたら本当に素敵だな、と今、心から思うのです☆

☆ほしのめぐみ☆ 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。