ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

不安の正体 (1)

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

******************************

お問い合わせメール: reservation_hoshino@cocorono-salon.tokyo

******************************

サイトのセッション予約ページは工事中です。

☆8月、9月個人セッションお申し込み方法はコチラからお願いします↓☆
http://www.hoshino-megumi.com/member/hoshino/8966

******************************

こんにちは! ほしのめぐみです。

今日は新月ですね!

願い事は書かれましたか?

いつも月のサイクルでは、新月と満月の時にメッセージをお伝えしています。

昨日のブログ:「 蟹座新月からのメッセージ 決断と変容~全ての感情にOKを出す 」

月は、地球に最も近い天体であり、私たちの心身や生活と、月の醸し出すエネルギーは大きく共鳴し合っています。

ホロスコープを見るときにも、個人のものでもとても大切なのが、月です。

 

この月は、満ち欠けで姿形を変えることから、感情、そして実態がつかめないものとしての潜在意識の世界の象徴でもあります。

潜在意識に関連して、今日は「不安」についてお話したいと思います。

 

さて、私のブログの読者様も様々な変化を通過中のことが多いと思いますが、変化を起こそうとしたり、あるいは変化に直面したりする時には、多かれ少なかれ「不安」が出てくるものですね。

「良し、これくらいなら気合でなんとかなる!」と自分の中の不安や迷いを払しょくし、乗り切れることもあるでしょう(^^)

けれども、大きな変化ほど、やはりその前で立ち止まってしまうことも多いかもしれません。

 

不安は、それが(あるのに)無いふりをしたり、見ないようにしたりすると、むしろ不安に突き動かされるようになっていきます。

そして、そのような状況になっていくと、私たちは「不安」があること自体にさらに「不安」を感じてしまうこともあります。

 

私の大好きなブログ「幸せって意外にカンタン!」を書いていらっしゃる大木ゆきのさんの著書に、不安についてこんな↓文章がありました。

( 以下、『幸せなことしか起こらなくなる48の魔法 』 大木ゆきの著、ワニブックス

より引用 )

『自分の人生に新しい展開がある場合、たとえそれがやりたかったことだとしても、誰しも不安になることってあると思います。(中略)

まず、不安とは何なのかを考えてみましょう。

不安」とは多くの場合、まだ起こっていないことの中で、起こる可能性のある危機的状況を事前に予測して、それに対応できる術がないのではないか、と思う恐れの気持ちです。

生活が苦しくなるんじゃないか。

みんなから見捨てられるんじゃないか

一人ぼっちになるんじゃないか

失敗するんじゃないか

・・・

ちょっとちょっと待ってくださいよ。まだ何もそんなこと起こってないでしょ。

だから、まず、「こんなことはまだ起こっていない幻想なんだ」と認識することが第一歩です。

あなたが不安になる大きな要因は、ちゃんと不安を手に取って見ていないことにあります。』

 

やはり、不安がある、ということを認識することが第一歩ですね(^^)

また明日、この続きを書いていきます。

(次回に続く)

☆ほしのめぐみ☆

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。