• HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 金星逆行(7月25日~9月6日)のテーマ~犠牲と制限を手放す

ほしのめぐみ公式サイト-本当の自分と出会う癒しの星占い

金星逆行(7月25日~9月6日)のテーマ~犠牲と制限を手放す

ほしのめぐみ公式メルマガ(無料)【星からの癒しと希望のメッセージ】ご登録はコチラから↓

https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=hoshino

******************************

お問い合わせメール: reservation_hoshino@cocorono-salon.tokyo

******************************

サイトのセッション予約ページは工事中です。

☆個人セッションお申し込み方法はコチラからお願いします↓☆
http://www.hoshino-megumi.com/member/hoshino/8966

******************************

こんにちは(*^-^*)

ほしのめぐみです。

今月25日(土)より、金星が逆行をしています。

金星逆行のテーマに関してお話しようと思いますが、その前にちょこっと「星の逆行」について書きますね。

***********

星占いで使う10個の天体(太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星)は、太陽と月を除き、すべて逆行します。

「逆行」と呼んでいる動きは、星が本来の進行方向ではなく、(地球にいる私たちからは)逆の向きに動いているように‟見える”現象のことです。

つまり、実際に逆向きに動いているわけではありません。

***********

逆行については、私は、あえて(その逆行に見えている)流れに乗って、「心を見つめる機会」として活用する、というスタンスを取っています。

さて、今回、逆行中の金星は、8月1日(日)に乙女座から獅子座に戻り、順行に戻る9月6日までは、獅子座に滞在します。

 

金星というのは、対人関係において「良い子」であろうとする姿勢を表すことがあります。

 

獅子座での金星逆行という動きから意識してみると良いテーマは、

 

自分が人を喜ばせるために、抑えていた「やりたかったこと」や「好きなこと」を見直してみる

ということ。

 

私たちの中には、「良い子」であろうとして、やりたい事を我慢して来たインナーチャイルド(内なる子ども)、インナーセルフ(内なる自分自身)が住んでいます。

 

子供の頃や或いは大人になっていく成長過程の中で、親兄弟、他人への遠慮や、環境や条件などから、あきらめてしまっていた夢、心の奥に隠してしまっている眠っている「ワクワク」を呼び戻すときなのです。

 

 

特に自己表現の分野で、やりたいこと(やりたかったこと)を抑えたり、犠牲にしたりしてきたことがあれば、制限を解放してみましょう。

そして自分の正直な欲求に乗っ取って、できる範囲で、実際にやってみると良いでしょう。

 

金星はまた、「女性性」のエネルギーを持つ惑星です。

女性性の負の側面の一つが「自己犠牲」というもの。

 

バランスを取り戻し、「女性性」の本当の価値を見い出すためには、まず自分を犠牲にせず、自分を満たす、ということが大切になります。

内側にある、自己犠牲の精神と、被害者意識などに気づき、手放していくのにも、この「金星逆行」時は、最適です。

 

私自身が「女性であることから来る心の傷」が深かったため、「女性性」に関しては深く見つめてきました。

例えば二十代の頃など、表面上は関係なく生きているつもりでしたが、自分癒しを深めていく過程で、「女性性」に関する様々な思い込みや偏見が自分の内側から出てきたのです。

深いテーマであり、これからの時代的にも「女性性の解放と開花」はとても大切なテーマだと認識しています。

これに関しては、また引き続き書いていきますね!

関連記事: 「 女性性に関する心の傷:「祖母から受け継いだパターン」」

: 「 冥王星と家系の連鎖 」
:「 新しい時代の女性性 」
:「 金星と冥王星のコンタクト 女性性に関する癒しと解放 

☆ほしのめぐみ☆

 

Leave a Reply

プロフィール

ほしのめぐみ12月22日生まれ。占星術&カードセラピスト。定評のある個人セッション、楽しく学べる講座も開催中。